H30.2.7 待望の第二子誕生

20180728134344_00001H30.2.7(水)2時41分 第二子(次女)誕生 〈身長48.6㎝,体重2750g〉

長女の出産から3年、待望の第二子を妊娠しました。前回は最初の健診からこちらの病院にお世話になっていましたが、今回は里帰り後(33週)から通院することになりました。久しぶりの佐藤クリニックでしたが、アットホームで丁寧な対応は前回から変わっておらず、またこちらで出産できることがとても嬉しく楽しみになりました。

長女の時は順調な妊婦生活を送れたのですが、今回は妊娠発覚直後にトキソプラズマの陽性反応が出たり、11〜12月の2カ月は逆子たっだり、年末年始は切迫気味で安静だったりと、様々な不安要素がありました。しかし、なんとか無事臨月を迎えられ、お腹の子は問題なく元気に育ってくれて、あとは陣痛を待つのみ!という状態になりました。

20180728134358_00001予定日から2日後の2月6日未明から10分間隔の陣痛があったものの、朝を迎えると遠のいてしまいました。しかし、夫が休みで立ち会い可能なうちに生まれて欲しいという勝手な思いから、昼間に上の子と体を動かして遊んでいました。すると、21時頃から10分間隔の陣痛が!未明のものと比べ痛みも強くなってきたので病院へ電話をして、夫、娘、母の3人と一緒に23時半頃到着しました。しかし、NSTでは陣痛は10分間隔から変わらず、子宮口もまだ3㎝…入院室で様子をみることになりました。(娘はこの時すでに爆睡、出産は朝とかお昼になるかもと助産師さんと話していました)

1時前に入院室へ移動した後、なんだか陣痛の間隔も短く、いきみたい感じになってきたのでナースコールをして、1時50分頃分娩台へ。診てもらうと陣痛は2分間隔で子宮口も8㎝まで開いていたので急いで出産準備となりました。(私も家族も助産師さんも、みんな驚くスピード展開でした)佐藤先生もすぐ駆けつけて下さり、分娩台へ上がってから40分程度で、夫に立ち会ってもらう中、出産する事ができました!

※寝ていて出産に立ち会えなかった上の子は、妹が生まれたことが嬉しくて仕方ないようで、1人で抱っこやオムツ替えをしたがり、お世話する気満々です(笑)このまま仲の良い姉妹に成長していってくれるのを願うばかりです。

20180728134414_00001出産後は体調は良いものの、母乳過多でパンパンに張ってしまって辛かったのですが、スタッフの皆さんが親身になって対応して下さり、大変嬉しかったですし、助かりました。

佐藤先生には夜中の出産となり大変申し訳なかったのですが、日頃の健診や出産時、優しい先生の笑顔と、優しい話し方のおかげで、とても安心することができました。

また、受付の方の丁寧な対応、お部屋を綺麗にして下さったり、シャンプーやエステのサービス、美味しい食事を提供して下さったスタッフの方々のおかげでとても快適な入院生活を送ることができました。

あまりにも快適すぎて、明日で退院してしまうのが寂しく感じられますが、2人の娘を佐藤クリニックで出産できたことは一生の思い出です!佐藤先生、助産師さん、看護師さん、関わって下さった全てのスタッフの方々に感謝です。本当にありがとうございました!