2016年11月9日AM9:40次男出産(^^)

20170112164737_00001朝方5:30頃、破水?尿もれ?な違和感で目が覚めました。長男のときも高位破水からだったので、同じような感覚ではあったものの、確信もなく、とりあえず8:30〜の診療開始時刻まで様子をみて、病院へ行こうかなーとかまえていました。
2週間程前から、前駆陣痛があったので、腹痛があるのは当たり前〜みたいな意識になっていたので、6:30頃から少しいつもより痛めやなーくらいの腹痛でも、出勤前の主人に「前駆がいつもよりきつめやわ〜」くらいに話していました。長男も7:00頃起きてきたので(←長男1歳8ヶ月)腹痛に耐えながら主人を送り出し、長男の朝食・お着替えと念の為入院グッズの最終チェックを進めていくも、どんどんきつくなる腹痛…でも本陣痛ってもっと間隔あいてはじまるはずやんな…?もうすでに2〜3分間隔なんやけど…?と、考えているうちに、波がくる度動けなくなる程に…。よくわかって長男は、そんな私の様子をみてニヤニヤしたり、早くあそびに行こうとばかりに手を引っぱって玄関へ行ったり…(笑)
20170112164737_00002腹痛がきつくなる前に「破水したかもやから一応受診しようと思うし早めに来てほしい〜」と連絡しておいた母の到着を、長男の世話をしながら必死で待つ…。
とにかくこの子と2人の間は、何かあってはいけない!
とにかく耐えなければ!と必死!
8:30頃母が来てくれ、”早く!早く!病院”と念じながら車の中でも波がくる度耐え続けました。(病院まで10分程度なのに、その時はすごく長く感じた(笑))
病院に着いて助産師さんに内診してもらうと子宮口すでに8㎝!!分娩着に着替えるのもきつい…寒いからとストッキングにくつ下、万全な寒さ対策をしてきた自分をめちゃくちゃ後悔しました…(笑)
すぐにハピィルームへ移動!!陣痛の波の間に助産師さんたちと「ご主人間に合うかなぁ?」と話ししているうちに子宮口全開!!!あまりの展開の速さに自分もついて行けず!(笑)
長男出産の時は18時間かかっていた為、最後は陣痛の間にウトウトしたり、意識もうろうとしていましたが、今回はあまりのスピーディーさに意識もばっちり!痛みもぐいぐいわかる!でも陣痛の合間には「ふむふむ、これが俗に言う”イキみたい”ってやつか!」と考える余裕っぷり!(笑)
20170112164737_00003助産師さんたちには「多分旦那さん間に合わないね〜」と言われ、「あ〜間にあわんか〜残念」という思いと、「いい、いい!間に合わなくていいから早く痛みから解放されたい!と内心思っていました。
どんどん赤ちゃんが下りてくる感覚がわかって、「あー!もう出る!頭がおまたに挟まってるー!」というときに佐藤先生、そして旦那登場!!!その直後ドゥルンと次男誕生!!
思わず旦那に「おそいわー!一番しんどいときに居んのやから(笑)」と言っていましたが、ギリギリでも間に合って良かったです♡
タイミングを見計らったかのように出てきてくれた次男にも感謝!
おばあちゃんとお利口さんに下のホールであそんで待っていてくれた長男にもありがとう♡
ずっと「上手上手!!長〜く息はいてー」ってほめながらはげまして下さった助産師さんや看護師さんたち、本当に感謝しています!ほめられると俄然頑張れる私にとって、みなさま本当に神のようでした。そして優しい笑顔で登場し”もうすぐですね〜頑張りましょう”と声を掛けてくれた佐藤先生。
先生の笑顔には健診のときから毎回ホッとさせていただいてました。病院のトップにおられる先生がそのようなお人柄だから、クリニックのスタッフのみなさんも優しくて親切なんだろな、って本当に思います。
20170112164737_00004明日はとうとう退院。毎日おいしい食事を作って下さった厨房の方々、きれいに部屋を清掃して下さったり、至れにつくせりのサービスをして下さったルームアテンダントのみなさまにも、とっても感謝です。
経産婦にも関わらず、ちょっとしたことですぐ質問しまくってても優しく対応して下さった助産師さん看護師さんたち。
快適すぎる入院生活が終わっちゃうのはさみしいけど明日から、男の子2人の母ちゃん頑張ります。
本当にありがとうございました!