赤ちゃんの生まれてくる力、自分を信じて

20180607153729_000012018.1.26 PM7:44 3216g 50.4㎝

大粒の雪の降る中、第二子 元気な女の子が産まれてきてくれました!

第一子のお産が2日程かかり、それは辛い思い出で一度は無痛分娩も検討したのですが、前回こちらのクリニックでお世話になり佐藤先生の自然分娩への向き合い方、スタッフのみなさんの強力なサポート、安心感が忘れられずやはりこちらでお世話になることにしました!

予定日1ヶ月前までは正直怖くてしかたなかったのですが、弱気だった私にかつを入れてくれたのは母。お産は病気じゃないから必ず終わりがあるし逃げられるものではない『乗り越えるもんやで!』これでようやく目が覚めた私。

20180607153742_00001そういえば第一子の時は痛みが怖くて緊張しっぱなし、どうにかして逃げたいという気持ちのせいかなかなか陣痛が進みませんでした。

母の言葉で気持ちを切り替え、よしっ赤ちゃんと一緒に頑張って乗り越える!となり出産当日に向けて体力をつけるために食事に気をつけたり、睡眠をたっぷりとったり、体を動かしたり『楽しいお産のイメージ』をするようにしました。

2人目ということもあると思うのですがおかげで病院に着いてから4時間半の安産でした。

20180607153917_00001当日の流れ(予定日超過4日目)→前日からの大雪、こんな日に陣痛きたらおもしろいなと、いつも通りに起きて上の子と甥っ子姪っ子と午前中雪遊び。途中生理痛のような痛みあり。お昼ご飯を食べてほっとしたところ、規則的かな?と思う張りを感じ始める。とりあえず昼寝してみようと思い横になるが10分間隔で痛みがあったので病院に電話し15時過ぎに入院。

入院時の内診ではまだ子宮口が2㎝しか開いておらず明日くらいには産まれるかなぁと長丁場を覚悟してました(ポカリ4本持参)部屋に入り10分おきに陣痛がくるも寝転んでじっとしているより動いていたほうが進むかと思い、合間に長男と遊んでみたり、体勢を色々変えたりアクティブに過ごしてみた所、ちょっと間隔が短くなってきました。長男がまさかのお昼寝をし始めたので、今だと思いシャワーを浴びに行った帰りから、5分ごとの強い陣痛と出血がありナースコール。現れた助産師さんは前回長男をとりあげて頂いた西井さん!お顔を見ただけで安心!『これは絶対上手くいく!』と思いました。そして内診されると子宮口8㎝開いており分娩台に行こうと言われ「えっ!もうですか?!」と思わず聞き直してました。分娩台に着いてからは一時間弱で赤ちゃんが生まれてきてくれました!

20180607153930_00001今回も佐藤クリニックでお産ができて本当によかった!前回長男の時にお世話になった助産師さんと佐藤先生のお顔を見た時の安堵感はハンパなかったですし、スタッフのみなさん変わらずプロフェッショナルでとても快適な入院生活を送っています。

赤ちゃんの生まれてくる力、自分を信じて、そのためにできることをする大切さを学びました。この経験は一生の宝です。

また今回は一緒にいてくれた長男の存在も大きかったです。初産の時に彼が一生懸命道を作ってくれたお陰で今回スムーズだったし分娩にも立ち会ってくれてほんとに心強かったです。

色んな方への感謝の気持ちとそんな方に恵まれた幸せを感じられる楽しいお産でした!本当にありがとうございました♡