命の尊さ

20181210192017_000012018年7月20日 第3子誕生(女の子)

性別をひみつにしてもらっていたので、生まれるまでドキドキでした!子ども達3人共、佐藤クリニックで出産しました。出産は本当にどの子の時もそれぞれ違いました。

第1子・・・予定日超過。破水から13時間陣痛に耐えて出産。全身が筋肉痛に、でも平均的なお産でした

第2子・・・予定日前日に、本格的な陣痛から5時間で出産。自分でも驚くぐらい落ち着いて産めました。

そして今回の第3子・・・予定日2週間前に破水。すぐに陣痛が来るも15分間隔だと余裕でいたら、一気に痛みが増し自分でコントロールできないくらい急にいきみたくなり、あっとゆう間に4時間ほどで出産。

3回目の出産だということで進むのが早いかもよと周りからも言われていたのですが、まさかこんなに一気に進むとは・・・それまで深呼吸できていたのに、急な痛みに焦って呼吸が乱れ、不安と恐怖で一瞬パニックになりかけたところに、助産師さんたちが穏やかな笑顔で対応してくださり、その後は落ち着きを取り戻し、夫やスタッフのみなさんに支えられながら、無事に出産できました。

20181210192033_00001結婚後なかなか子宝に恵まれなかった私たちに、まさか3人も、と夫と幸せをかみしめています。思い返せば私が初めて佐藤クリニックを訪れたのは不妊治療のためでした。しかし、その頃私は毎日仕事のことばかり優先して、治療を始めたにも関わらず診察を急にキャンセルしたりでなかなか継続できず、佐藤先生から「仕事と、ご自分の体のことと、どちらを大切にされるのですか」とたしなめられ・・・でもその時は目の前の仕事を優先してしまいました。その後案の定無理がたたって体調を崩し、その時佐藤先生がおっしゃった事を思い出して健康に気をつかうようになりました。仕事のことばかりで自分の健康=自分の命を大切にできていなければ新しい命を授かることなんてできないと、気づかせてくださった先生に感謝しています。そして不妊治療が中途半端なまま足が遠のいてしまっていた佐藤クリニックに妊娠がわかって再び通うようになった時の喜びは忘れる事ができません。

これが最後の出産(かな?)と思いますが、これからは佐藤クリニックに通院、入院することはなくても、クリニックの前を通るたびに、3人の子の命と自分の命、そしてその命を支えてくれている夫の命や私たちに関わってくれている多くの人々の命の尊さを思い出したいです。先生、スタッフのみなさま、今までどうもありがとうございました。