ようやく会えた我が子

20170125124649_00001子宮口が硬くてなかなか開いてくれず、予定日を7日間超過してしまい、先生にも「このままでは帝王切開になるかも」と言われ不安と焦りしかありませんでした。とりあえずできる限り体を動かして動かして、前日には洗車しました。
その晩、いつもと違うようなお腹の痛みとおりものがたくさん出て、「これはもしかすると陣痛では?」と思い病院に電話。24日am2:00頃病院に行き検査してもらうと、少し破水しているとの事だった。すぐに入院になり、陣痛と子宮口開くのにたえる。初めての痛みで、陣痛がくる度に旦那とお母さんに背中やおしりを押してもらったり、一緒に呼吸をしてくれたり、最後の最後まで、そばで付き添ってくれていました。夜中から24時間の陣痛だったけど、旦那もお母さんも寝たいのを必死にこらえ、一緒に戦ってくれたことに感謝しかないです。
20170125124649_0000212/25日付が変わる頃ようやく子宮口が8〜9㎝開きいよいよ出産!!分娩台にのぼるも、緊張のあまり足がふるえる。旦那とお母さんに立ちあってもらったおかげで、手を握ってもらったり「大丈夫、大丈夫」と声をかけてもらい少しずつ緊張もほぐしてくれました。
いよいよ出産!!陣痛の波に合わせて思いっきりいきむがなかなか出てこない。次第に陣痛が3分間隔に弱まってしまい、先生の手を借り、お腹を思いっきり押してもらう。最後の最後に力をふりしぼりいきむ!!「赤ちゃん出てきたよ」と大きな元気一杯に産声を上げて女の子が産まれてきてくれました❀感動のあまり旦那が「よく頑張った!」と涙をながしてくれました。ようやく会えた我が子。これから始まる新しい生活に楽しみと期待を持ちながら一生懸命頑張っていきます。佐藤クリニックでお世話になった先生、スタッフの方々本当にお世話になりありがとうございました。