土用の丑の日メニュー

今日は、土用の丑の日です。

いつから、丑の日に鰻を食べているのかご存知ですか?

どうやら、江戸時代の発明家“平賀源内”が、鰻屋さんから「どうすれば旬でない夏に鰻が売れるか」相談を受け「丑の日に鰻を食べよう!」というキャンペーンを行い、流行りモノの大好きな江戸っ子がそれに乗り、お店が大流行り!
他の鰻屋さんも便乗して、今の風習が広まったそうです。

流行りモノが好きなのは昔も今も一緒ですね。(笑)

鰻には、ビタミンA、Bが豊富に含まれているため夏バテに効果があります。
本日、佐藤クリニックでは土用の丑の日メニューを提供させて頂きました。

IMG_1654

 

夏バテしない様、ミネラルや、ビタミン豊富な食材を食べてこの暑い夏を乗り切りましょう!