2016.10.13(木)元気な男の子を出産しました!!!

20161208161935_000012016.10.13(木) 15:08
2468gの元気な男の子を出産しました!!
2度目の出産で陣痛の流れを思い出しながら
余裕で居たらまさかの逆子!!!えっ?私が!!?驚きました。
診察のたびにまだ直ってないなーと段々焦りましたが
毎朝起きてすぐ赤ちゃんの頭の位置を触ってため息ばかり。
今思えば帝王切開・自然分娩にこだわらずもっと赤ちゃんに楽しい言葉をかけてあげればと後悔です・・・
結局手術の予定が決まり先生からの説明を受け納得できたので腹をくくりました!!手術台に乗るまで実感がわかずのん気にしていましたが、急に怖くなり最後に主人と母の顔を見て「がんばれ!!」と言われた時、不安がこみ上げ涙をぐっとこらえました。
いざ手術!!看護師さん助産師さん先生の優しく丁寧な言葉に安心して赤ちゃんをお任せしようと思え頑張る事ができました。
1人目の自然分娩より、うぶ声を聞いた時の感動はすごかったです。
きっと不安がすごかったせいだと思います。
横で体をふいてもらっている我が子を見てとにかく可愛いー!!!とホッとできました。
20161208161935_00002後の処置に1時間程かかり、少し傷口も痛くなってきてまた不安な気持ちで、持ち込んだCDを聴いていても全く耳に入ってきませんでした。
手術が終わって一番思った事は痛みなくして赤ちゃんは産まれない。
不安なくして赤ちゃんは産まれない・・・しかし、その痛みのおかげで色々な愛を実感できる♡
出産ってすばらしい♡♡
「なぜ女だけこんな辛い思いしなあかんのー」って考えていた私ですが、こんな幸せは女しか体験できないですもんね☆
今本当に幸せです♡♡
佐藤クリニックさんで出産できてよかったです。おそらく3人目はないのでもうこの体験ができないのが少しさみしいですが・・・一生忘れません♡
本当にありがとうございました♡
そして、私たち家族の所に産まれてきてくれて本当にありがとう♡♡♡
私たちの宝物です☆
そして、当日の朝寄せ書きのお手紙をくれた甥っ子・姪っ子・お姉ちゃん・じいじ・ばあば本当に心の支えになりました。
ずっと付き添ってけれた旦那さん、おりこうさんで待ってくれたお兄ちゃんありがとう♡「母」頑張ります!!!

幸せなマタニティーライフ

20161111130503_000012016.9.21(水)21時56分 男の子 誕生

初産でした。
初めての妊娠、とても幸せなマタニティーライフを楽しませて頂きました。
つわりもなし。頭も下向きで平準並みの成長をしてくれていた赤ちゃん。私の体重が+11㎏になった事以外は何も不安のない妊娠生活を過ごすことができました。
職場でも、産前休暇になるまでギリギリまで仕事も楽しめ、本当に理解のある主人と元気に育ってくれた赤ちゃんと、里帰りをして出産する私をサポートしてくれた両親や妹。たくさんのアドバイスや声がけをして下さった主人のご両親。ベビー用品を譲って下さった義姉さんご夫婦や先輩方。
とにかくサポートして下さったたくさんの周りの方々に感謝しかありません。
ありがとうございます!!これからも、よろしくお願いします。

20161111130503_00002もともと、9月24日が予定日だった私。破水をした9月20日の昼間は、まさか!?
予定より早まる事も知らず、のん気にお菓子作りをし、翌日に食べるのを楽しみにしていました(笑)
その夜、主人に「おやすみ」とLINEでメッセージを送った直後に破水!!少しびっくりしましたが、佐藤クリニックに電話をし直ぐ病院へ。
ここまでは、この後の陣痛〜出産までがあんなに大変だとは思いもしてませんでした。
楽しいマタニティーライフ、少しびっくりしていよいよだ♪と嬉しく思えた破水。あの陣痛から分娩まで、まぁ周りは大変だったと思います。
陣痛が来はじめ、最初は良かったのですが、痛みが増すと、痛くて「押して〜」「さすってー」と母や主人に大声でうったえ、気分が悪くなり嘔吐するは、過呼吸になるは、震えが止まらなくなるは…最初は「りきみたい〜」と叫んでいました(笑)

20161111130503_00003立ち会ってくれた主人、付き添ってくれた母、そして、佐藤クリニック スタッフの皆さま本当にありがとうございました!!
そして頑張って産まれて来てくれた赤ちゃん!元気に生まれて来てくれて、ありがとう♡
痛みを忘れる…とまではいきませんでしたが、嬉しくて「あーよかったー」という気持ちで満たされました。
これから始まる子育て、正直分からない事ばかりです。教えてもらっても、上手にできず、もどかしくもあります。でも、赤ちゃんと上手にできた時は、すごく嬉しく幸せな気持ちでいっぱいになります。
上手にできなくても、色々な周りの人に助けてもらいながら、少しずつできるようになっていきます。
一緒にがんばろうね赤ちゃん♡おつきあいよろしくね♡
20161111130503_00004そして、お母さん、人生の先輩として、ママの先輩としてサポートこれからもよろしくお願いします!
そして、いつも支えてくれる主人。これからも…というか、今まで以上によろしくお願いします。

ありがとうございました。

第1子から丸5年空いての出産〜H28.8.15 第2子長女〜

20161025163055_00001H28年8.15 5:57 体重3470g 身長51.2㎝ 分娩3時間 第2子 長女

第1子から丸5年空いての出産でした。3年間の不妊治療。何度も通院し、や〜〜〜っと授かった赤ちゃん!!検査薬した時は、やった!という言葉しかなく、また佐藤先生の所に通えると楽しみでうれしい気持ちでいっぱいでした。(不妊治療はあちこち通っていたので…)
先生はどんなに忙しくても、いつもやさし〜やわらかい笑顔でむかえてくださり、佐藤クリニックに通うことが毎回楽しみで、上の子が夏休みに入り、10カ月入ったあたりから毎日連れていくことになりましたが、スタッフの方皆さんあたたかく「赤ちゃん楽しみだねー」と子供に声をかけ、検診中は相手していてくださっていました。あずけられなかったので、とても助かりありがたかったです。
いざ陣痛がはじまると、ゆっくり息を吐いてリラックスしてお産を楽しむぞ!!とイメージトレーニングしていたはずだったのに、全てなかったことに…(笑)

20161025163055_00002痛みがくるたびに「こわい!」「痛い」「どうしよう」と泣きごとばかり連発し,パニックに!!
そんな私に何度も呼吸法を指導してくださったり、最後の方には「何をしても痛いのは痛いよ。 ゆっくりはこ!!」としっかり私を見て言われた時は、ハッとわれに返った瞬間でした(笑)
大きな声を出してすみません⇩
名古屋から実習生の方2人入ってくださり、お産手伝ってくださりありがとうございました。
途中からだんなの手より、実習生さんの腕を必死につかんでいました。痛かったことと思います。ごめんなさい。
2人目でお産が早く進み、もう「あと○○分で全開」「あ、あと○○分くらいで破水かな」など、もうお産の進みが手にとるように見えるベテラン助産師さんで!!かっこいいルックスにほれぼれしました!
本当に皆さんありがとうございます。出てきた時もう何とも言えない幸せな気持ちです。お兄ちゃんの頼りがいのある姿をはじめて見れて成長を感じられ、本当 本当幸せです♡ありがとうございます。
20161025163055_00003お兄ちゃんが入院中に「ぼくもおしりから産んだん?ママ泣いてたん?」と言ってきました。
「そうだよ。うれしかったから泣いたよ。痛くて痛くてさけんだよ。でも、うれしかったんだよ。」と伝えることができました。
5才なりに理解した様でハニカンでいました。
それに「○○が1番すき!」とだきしめると「ちがう!妹も1番やろ!!」と怒りました。
何でも1番でないと気がすまない彼をそこまで思わせたことはすごいですね!!!
お産はすごいです!!
私がさけんでいたことは、あとで聞いたらとても怖かったと言っていましたが、その時は何も言わず、私と赤ちゃんを見ていた様です。
5才の男の子を分娩室に入れることに色々言われましたが、私は見せてよかったとおもいます。
あらためて、あなたを大切だよと伝えられた気がします。

満月に…そしてカサブランカが咲く頃に☆次男誕生☆

20160826205450_000012016.7.21 AM0:45 第2子 2930g 次男誕生
予定日よりも3日程早かったけれど
「満月の日かな(長男は新月の日に生まれたので)」
「家のカサブランカが全部咲く頃かな」なんて家族と話していたら、まさにその2つが重なった日ピッタリに産まれてきてくれました♡
でも思ってた通りだったのは日にちだけで…。

「2人目はお産進むの早いよ〜♪」「産道できてるからするっと出てくるよ。」なんて色んな人から言われて、そうなんだ♡と信じていたのですが、陣痛が2〜3分おきになり、子宮口が8㎝になって、pm8:30分頃ハピィルームに移動したとたん、10〜15分おきに遠のく陣痛…分娩台から一度おりて点滴を転がしながら廊下をウロウロ、陣痛がきたタイミングでヨロヨロとスクワット(-_-;)
「20日にはうまれるだろう」と待合に集合した両親、義父母、主人、長男を横目に「日付がかわっちゃったらどうしよう…」と内心焦っていました。(結局変わっちゃいましたが)
なんとか子宮口全開するも相変わらず陣痛の間隔は縮まらず…
「pm9:30には・・・」「10:00には・・・」「11:00には産まれるかな」とどんどんのびていく出産予想時刻を聞きながら、「2人目は楽って聞いてたのに全然違うやーん!!」と心の中で叫んでいました(笑)
佐藤先生が来て下さった時は「あぁ♡もう産まれるんや!」と思ったのですが(長男の時は先生が登場してすぐ産まれたので)それでもなお出ては戻りを繰り返す次男と縮まらない陣痛。
1人目の時にはしなかった酸素マスクまでつけてもらい
20160826205450_00002「一体どうなるんだろう・・・」とぼんやりした頭で考えていると・・・
「引きましょう」と佐藤先生。
一瞬意味がわからなかったのですが、あの「スッポン」みたいな器具を見て吸引分娩になるんだと思いました。
しかし!!吸引分娩について全くの無知だった私。
あのスッポンを中に入れるなんて思ってもいなくて(ちょっと考えたらわかる事なんですが)
「いやーっ無理無理もうだめ、やめてやめて、痛いーっ、おしりーっ!!!」
と大絶叫&大暴れしてしまいました・・・(T-T)恥
でも私がギャーギャー言っている間に素早く処置をして下さった先生、助産師さん、看護師さん、学生さんたちのおかげで次の瞬間には元気な産声が・・・(*^O^*)♡♡
後から聞いてみると、首にへその緒を巻いてしまっていたり、ちょっと体が横向きになってしまっていたりでなかなか出てくることができなかった様子。

20160826205450_000031番しんどくて苦しい思いをしていたのはこの子だったんだと知り、それでも産まれた時には外で待っててくれているおじいちゃん、おばあちゃんにも聞こえる位大きな声で泣いてくれた事に本当に感謝②です(T-T)

1人目の時よりもはるかに大変な出産となりましたが母子共に元気でいられるのも、今こうして幸せな時間が過ごせているのも適切な判断、処置をして下さった先生方のおかげです。本当に本っっっ当にありがとうございました♡♡♡
ひそかに目標にしていた「経産婦だから落ち着いて静かに産む☆」という事は全くできませんでしたが(笑)新しく仲間入りした家族とみんなで仲良く♡明るく♡楽しく♡やっていきたいなと思っています(*^_^*)                              そして子どもは3人欲しいな…と話しているので、いつかまた授かれた時にはぜひぜひお世話になりたいです♡                           何度言っても足りないくらいですが…佐藤クリニックのスタッフの皆さま心からありがとうございました♡

20160917133729_00001

【妊娠中大変だったこと】
*1人目の時にはほとんどなかった悪阻。
お出汁のニオイやごはんの炊けるニオイがだめで、でもお腹空くともっと気持ち悪くて…。アイスクリーム、チョコ、ポテト…妊婦に悪そうなものばかり食べていました。(そして体重増。その後たんぽぽ茶でのりきる)
*1人目同様、安静指示が出ました(゜o゜;
出産前に上の子とたくさん遊ぼうと動きすぎた?!家族に助けられました(; 😉
【出産後しんどかったこと】
*貧血になってお薬もらいました。出産当日はフラフラでした(⌒-⌒; )
*腕の筋肉痛!分娩でいきむ際、ハンドル引きすぎました(笑
*2日目からおっぱいが石のようにカチカチに張って辛い。
【妊娠中がんばったこと】
*臨月から雑巾がけとスクワットしてました★(気が向いた時(笑)
*妊娠希望した時から葉酸サプリメントのみはじめました♫
今回は切れることなく、2日目からミルク足さずです!張りが痛いけど!
【出産後うれしかったこと】
*長男が想像以上に可愛がってくれてます♥仲良し兄弟になるといいな♥
*何より家族が増えたこと♥♥♥みんなが喜んでくれて嬉しい、幸せ♥
*2年ぶりの赤ちゃんが可愛すぎる♥
*クリニックでの入院生活。入院というよりリゾート?!(笑
などなど書き切れない位たくさん!!!

初産!2016.5.29 3482g 男の子出産

20160803154537_00001初産です。
つわりもほとんどなく、赤ちゃんもすくすく順調に育っていたので、出産に対する不安はほぼなく、旦那・両家家族共々楽しみにしていました。
35週までギリギリ働いての里帰り出産でしたが、32週頃から急に切迫早産の恐れがあるから安静にと言われ、ドキドキの毎日を送りながらも無事産休に入り、帰省することができました。
里帰りをして安心したのか、検診の結果も問題なく日々大きくなるお腹に、正産期に入ってからは、「早く産まれてこーい」とみんなで赤ちゃんに声がけ。
その気持ちが通じたのか、39週0日目夜中に目が覚め、トイレに行くとおしるしが!
20160803154537_00002その後陣痛も10分間隔になり、いよいよかと心の準備を始めたものの、次第に時間が空きはじめてピタリとなくなり、その日は諦めて就寝。
しかし夜中、再び陣痛が始まり、14時43分無事出産できました。

最後まで陣痛の間隔が5分から短くならず、いきみも上手くできなくて、当初は立ち会いを希望していなかったのに、結局旦那と母・妹にまで立ち会ってもらっての出産になりました。
朦朧とした意識の中、「無理!!」と叫んだらしいけど(笑)産まれてきた瞬間元気な泣き声が聞こえてきて、思わず号泣しながら赤ちゃんに話しかけていました。
その夜、皆さんのノートを読んで、また号泣。
20160803154537_00003これから子育てで大変な毎日が待っていると思うけど、産まれてくれた幸せを忘れずに、私らしくマイペースに、ナーバスになりすぎずに育てていければいいなと思っています。
愛さえあれば何とかなる!!
佐藤クリニックで出産できて、本当によかったです。
2人目ができたらもっと早く里帰りして、またこちらにお世話になりたいです。
ありがとうございました。

2016.6.25 我が家に次女が誕生しました

20160720162717_00001
2016.6.25 pm11:56 2,872g 48㎝
第二子、我が家に長女が誕生しました。
第一子も佐藤さんで出産したので、もし2人目ができたらまた佐藤さんで!と決めていました。1人目の子が1歳をすぎ2人目がほしいな♡っと主人と話すようになり、子作りをするも化学流産をし、そこから半年間子作りを続けたが中々授かることができず、毎月の生理がくるたびに肩をおとしていました。が、去年の10月の生理が遅れている!!検査薬をしたらなんと陽性。その日主人が仕事から帰ってきて、すぐに報告。夫婦二人で大喜びしました。そして、予定日とMy Home完成がだだかぶり!!これは忙しくなるぞ!と不安とワクワクが同時に。1人目の妊娠と違って子育てをしながらのつわり・妊婦生活はとても大変でした。34週までは、東近江市に住んでいたのでそちらで検診を。途中、My Home完成が早まり、ちょうど予定日1ヶ月前で引っ越し。引っ越し準備や荷ほどきをがんばりすぎたのか、36週の検診で赤ちゃんがさがって、子宮口もゆるんでいると、赤ちゃんもずっと小さめと言われていたので、自宅安静にして下さいと言われてしまいました。

20160720162818_00001次の37週の検診で自宅安静もなくなり、38週の検診で赤ちゃんの体重も2600g到達して安心。子宮口はまだちゃんと閉じてるから早く産まれる気配無いね〜って言われましたが、この時、大きいお腹に腰痛、背中痛、むくみとマイナートラブルで、早く妊婦から解放されたいとなげいていました。そして、38週6日の検診で子宮口1㎝、赤ちゃんもおりてきてるから後は陣痛待ちだねっと言われドキドキ。それから、一日一日過ぎるたびにまだかな〜?まだかな〜?ってソワソワ。お腹は張るけど痛みがなく、これは予定日くらいに産まれるかな〜?なんて、余裕こいてた39週3日の19時50分うえの子がお腹にのっかって甘えてきた時にお腹の中ではじけた感覚!その瞬間に破水。上の子も破水から出産だった為、そんなに慌てることなく病院へ。30分後に主人も到着し、この時子宮口5㎝。それから、4時間後お姉ちゃんにそっくりなかわいい、かわいい妹ちゃんが誕生♡今回、お産が土曜だったため佐藤先生ではなかったけど、お産にかかわってくれた先生、助産師さん、そしていっぱい側で声をかけ手をにぎって励ましてくれたパパ、頑張って産まれてきてくれた我が子♡本当にありがとう。
20160720162802_00001産後、出血がひどく6時間も点滴、内診で子宮から血をかきだす処置がまた泣けるほど痛かったけど、1人目の産後にはなかった後陣痛に弱音ばっかり吐いているママだけど、本当に本当にこの子を抱っこできること、おっぱいをあげることに幸せ一杯感じています。

そして楽しみにしていた入院中のご飯♡最高です。(^_^)

今は出産の痛さがリアルで、3人目なんてもういい!って思ってるけど、もしまたあの痛さを忘れ、3人目を授かったらまた佐藤さんでお願いしたい。

これから姉妹育児、大変だろうけど姉妹ちゃんたちと一緒に成長していきたいと思います。

本当に佐藤クリニックは先生をはじめ、助産師さん、ナースさん、スタッフさんの心配りが丁寧で、とてもいい妊婦生活をおくることができました。
本当に本当にありがとうございました。

M.K

2016年5月27日朝5時8分 なっちゃん誕生☆

20160622122912_00001
2016年5月27日 朝5時8分かわいいかわいい「なっちゃん」が産まれてくれました。
ありがとう なっちゃん。
そして、大変心地よい入院生活を送ることができ、先生をはじめ助産師さん、看護師さん、他多くのスタッフの方々に感謝します。
妊娠がわかったのは結婚する前でした。仕事が楽しくて、仕事のことや自分のことしか考えずに、結婚願望もなかった私に、大きな幸せのチャンスを作ってくれたのは、親指くらいの大きさのなっちゃんでした。世間体としては、先に授かっていることを良く思わない人も、もしかしたらいるかもしれない。でも、なっちゃんが産まれてくれなかったら、今ある大きなおおきな幸せを逃して、気付かなかったのかもしれない。そう思うとなっちゃんがこの道へみちびいてくれて本当に良かったって思う。
自分は最大限にワガママをして、産休に入るまで旦那さんと一緒に生活せずに仕事を優先した。1人ぐらしでも、お腹の中のなっちゃんが元気に動いてくれて、頑張れたし、愛おしかったし、愛犬も愛ハリネズミもずいぶん助けてくれた。
20160622122912_00002
産休に入るとすぐに切迫早産になり、ゴロゴロしているように言われた。37週に入るまでは「もうちょっとお腹にいてね。」って話しかけ続け、自分はダメ人間かと思うくらい何もせずに生活をした。職場だったり、親だったり、友人だったり、近所の人だったり、旦那さんだったり本当にいろんな人に支えられていることを感じた日々。
そして38週の3日目になっちゃんと出会うことができた。なっちゃんはきっと、少しでも早くお父さんとお母さんに会いたかったんだよって、親友が教えてくれた。
5月27日は私の母の誕生日だった。
それと、もう1つ…なっちゃんは私の願い事をかなえてくれた。努力は報われるとは限らないけど、努力しないと絶対に報われることはない。そう思っているけど、努力できない願いごとだって世の中にはいっぱいある。結婚だったり、五体満足で出産する事だったり、病気だったり、死ぬことだったり。ずっと前から、自分の祖母にひ孫を見せたいと思っていた(結婚とか考えなかったのにね…)そんな祖母は94歳で、元気だったけど2カ月前に調子を崩し、1カ月半も入院。命にもかかわる様な状況だった。
20160622122912_00003奇跡的に退院し、前よりもずいぶんと体は衰えてしまったけれど、明日いよいよ、その私の願いが叶えられそうです。楽しみだね、なっちゃん。
これからは、1人じゃなく、家族全員でたくさんのHAPPYに気付いて、つかまえていけたらいいなと、そう思う。
完全にめちゃくちゃな独り言のような文ですみません。
とても美味しい食事を提供して下さったり、入院中に作ったセレモニードレスをほめて下さったり、小さな心づかいが嬉しかったです。
ありがとうございました。

2016.4.11 第2子 次男出産

20160523182811_00001 のコピー桜も満開になり、春を満喫している中で予定日はじわじわと近づいてきていました。産まれる前に1才8カ月の長男を、めいっぱい遊ばせてあげたくて、家族3人で前々日は浅井の公園へ、前日は荒神山へ出かけていました。いっぱい歩いたし、わんぱくな長男の相手もしていたけれど、お腹は張るだけで陣痛の気配はありませんでした。そしてたまたま夕食を旦那の実家でいただくことになり、メニューは焼肉!おいしくいただいて帰りました。焼肉で陣痛が来るというジンクスも聞いたことがありましたがそんな気配もなかったので、21:30に長男と就寝。すると夜中の2時前に「あれ?お腹が痛い。」で目が覚めました。

20160523182811_00001横ですやすや寝ていた長男も何かを察したのか何度か起き、添い寝をしながら陣痛の間隔を測ると10分切っているし、だんだん強くなる痛みに「これは陣痛だ!」と確信しました。心の中で長男に「かあちゃんがんばってくるよ」と声をかけると、長男の手がお腹に触れ「がんばれ!」と言っているかのようでした。病院に連絡し4時に病院到着、そのまま分娩室へ。その時で子宮口3㎝。最初は陣痛の合間に旦那と「焼肉ジンクスやな!」など他愛ない会話もできていたけれど、だんだん間隔が短くなり痛みも強くなる中で余裕もなくなっていきました。長男の出産時はテニスボール持参でいきみ逃しをしてくれた旦那。テニスボールじゃ頼りなかった経験を活かして、今回は軟式野球ボール(笑)押さえる位置も力の入れ具合も2回目にして完璧!!陣痛の間隔まで察知してくれるほどでした。

20160523182811_00002そんな旦那がふとした時に、前日に行った荒神山を笑顔で走り回る長男の写真を見せてくれました。くしゃくしゃの満面の笑みで走る長男を見て癒されリラックスできたのか、そこからお産が進んだように思います。気がつくと外は明るくなってきており、6時を回っていました。最後は必死すぎて分娩台や旦那をわしづかみにしながら耐えるのみでした。先生が到着して下さり、次で産みましょうと言われた時は「やっと産める!早く!!」という思いでした。かけつけてくださった先生が神様に見えました。これでもかというくらいいきんでam6:34元気な産声を聞くことができました。赤ちゃんの顔を見た瞬間、長男とそっくりで思わず笑えましたが、安心と感動で、やっぱり泣けました。

20160523182811_00002トータル3時間半で出てきてくれた次男に感謝です。おかげで現在、長男の時よりも快適な入院生活を送れています。妊娠期間、出産時、産後を支えて下さった佐藤先生をはじめ、看護師さんやスタッフの皆様、本当にありがとうございました。そして一番の心の支えとなり、完璧なサポートをしてくれた旦那と、癒してくれた長男(の写真)に感謝の気持ちでいっぱいです。これから男3人に囲まれて、たくましいかあちゃんに成長できるようがんばります。

2016.3.31 第3子次女出産

20160527174045_000012016.3.31(木)pm3:01出産
2502g 44.6cm 第3子次女
前回逆子の為、帝王切開での出産だった為今回も予定帝王切開での出産でした。帝王切開で出産する事が、私にとって赤ちゃんにとって一番安全で最良の方法だと理解していましたので、手術に対する不安等はありませんでしたが、前回術後に酷い頭痛に悩まされた事だけがずっと気がかりでした。しかし、そんな私の不安を和らげる為、妊娠中から沢山のアドバイスを下さったナースやスタッフの方々、手術中も穏やかな表情と声で進めて下さり、赤ちゃんを取り上げて下さった佐藤先生、産前産後、私が自分と赤ちゃんの事を第一に考えられるようにサポートしてくれた家族のみんな。
20160527174457_00001本当に沢山の方々のお陰で、無事出産でき大切な大切な命をこの腕に抱く事ができました。心配していた頭痛も、今のところなく家へ帰ってからの育児も心と体にゆとりを持ってスタートできそうです。3人3様の出産でしたが、どの出産も感動的で、人生で最高の幸せを感じさせていただきました。最後に、新しい命を授けてくれた主人に心からの感謝を、私達夫婦を選んで産まれてきてくれた赤ちゃんにありがとうを送ります。皆様本当にありがとうございました。

2016.3.24 PM17:17  3224グラム 50.0センチの元気な男の子誕生!!

20160527163952_00001
2回目の出産。上の子の時は健康妊婦でスーパー安産。今回も何事もなくすごせると思いきや、30wで切迫早産、そのまま安静期間を過ごし、約2カ月。上の子(1才10カ月♀)には本当にいろいろガマンをさせてしまい申し訳ない日々をすごしました(T^T)。動けるのに動けない、娘がだっこと言ってるのにだっこすらできない、外で遊んであげられない…安静がこんなに大変でしんどいことだったなんて経験して初めて知りました。まわりの協力をうけ、37wをむかえられた時はもう出産したくらいうれしかったです!!安静解除になりすぐ産まれるかと思いきや39w3dまでおなかにいてくれた赤ちゃん。きっと娘との時間をすごさせてくれるために、ゆっくり出てきてくれたのかなーと思ってます。とことん落ちた体力、筋力もとり戻すことができたし、親孝行な赤ちゃんや〜♡とほっこり♡
20160527163952_00002そして3月23日、満月+大潮のパワーあふれる真夜中に陣痛が来ました。娘の時同様安産で早いだろうと勝手に信じてたけど甘かった。微弱陣痛がつづきそんなに痛くない5〜7分間隔が10時間…。でも子宮口はめっちゃやわらかく広げるとどこまでも広がると…。でも痛くない。もう押し出しちゃおう!と7分間隔のまま分娩台へ。全く予想もつかない流れで、急についてきた強めの陣痛が加わりもう大パニック!!!静かに産もうと心に決めていたのに泣くは叫ぶはの経産婦とは思えない騒がしい妊婦に(泣)。しまいには院長先生にも「いーたーいー!!!」と泣きつく始末…。そして主人の到着を待っていたかのように、3月24日 17:17、大きな産声と共に出産することができました。出産は一人一人でこんなにちがうんだなあと身を持って実感!!大変な妊婦生活、出産になったけど、今、目の前にいるかわいい赤ちゃん、それをうれしそうに見る娘をみて、幸せな気持ちでいっぱいです。佐藤クリニックで出産できて本当によかった。これから家族4人、一緒に成長しながらすごしていきたいと思います。お世話になったスタッフのみなさま、本当にありがとうございました♡