待望の女の子を出産しました

20170513083346_000012017年3月21日 am5:36 待望の女の子を出産しました。上の子は男の子。なのでまた新しい楽しみができて本当にうれしいです。元気に産まれてくれて、私たちのところにきてくれて本当に本当にありがとう。あなたの手助けができるようにがんばるね。これからよろしくね!!!

お兄ちゃんとあなたとの間に、ママは1度命を授かって失う経験をしました。といっても10週の頃だったので仕方のないことだったんだろうけど・・・。望んでいた妊娠だったのでとても悲しかったです。でも後になって思えば急ぎすぎていたのかもしれません。それを教えてくれたのかな、と思っています。そしてこの経験があったからこそ、今あなたとこうしてここにいるんだね。産まれてきてくれたあなたをみて、改めてキセキと幸せを感じてるよ。

20170513083346_00002もうひとつかみしめたのは、上の子のこと。今回、いつ なんどき どんなことで始まるか分からない出産を考えたときに、人手の多い実家の方が何かといいだろうと思い、里帰り出産を選びました。普段は神奈川に住んでいて、まわりに頼れる家族はいないので迷いはありませんでした。でも、甘かった。いつも一緒にいるママもパパも入院が始まると一気にいなくなって、たくさんたくさん泣かせてしまいました。一時保育もすぐ慣れると思ったのに毎朝行くときに大泣き。子供の心の敏感さを甘くみていました。2歳半でいろんなことを理解して言葉にできる時期だからそ、お互い一生懸命伝えあって、大好きなこと、会いたいこと、もうすぐ帰ることなどを共有しました。この5日で1ヶ月分くらい泣かせてしまったと思うけど、その分退院してから妹がいる幸せも含めて、たくさん笑顔になってほしいと思います。

20170513083346_00003最後になりましたが、2人目も佐藤さんで産むことができて幸せでした!!!他で産んだり入院するのが不安なくらい快適で、スタッフさんもみんな親切でした。

これからもたくさんの命がここで産まれるんですね。本当にすてきなお仕事だと思います。

大変なこともたくさんあると思いますが、これからもお産の佐藤さんでいて下さい!!!

ありがとうございました。

 

赤ちゃんに会える前向きな気持ち

20170522193016_000012017年3月31日(金)AM 2:38  2682g 女の子出産

7歳の長男も佐藤さんでお世話になり、待ちに待った第二子も、また佐藤さんで無事出産させて頂けてとても嬉しく思っています。そして7年前の3月長男の時に書いた日記がこのノートでした!!兄妹で同じノートにつづれるなんてすごいなぁと感動しています…

まだ一週間後も検診予定だったので、この日(3/30)も普段通りで、長男と散歩したり卓球したりしてました。昼食後、極少量の出血があり、不規則にお腹の痛みが来るようになり、18時から10分間隔になり、電話してクリニックへ。日が変わって、0時過ぎから陣痛がレベルアップし、子宮口8〜9㎝の時のいきみのがしはやっぱりツラかったけど、痛みがくる度、「赤ちゃんが頑張ってくれてる!もうすぐ会える!」と思え、立ち会ってくれている母が手を握って声かけつづけてくれて、助産師さんが温かく声かけ、サポートして下さって、乗り切れた事を今も鮮明に覚えてます。先生も来て下さりいきみ0Kになった時、もうかなり体力の限界でクラクラしてきてましたが、先生方、母のかけ声をもらって必死でいきむ中、私自身もいつの間にか赤ちゃんに対して「がんばれ〜!がんばれ〜!」と声をかけていました(笑)

20170522193035_00001そして無事、元気に生まれてきてくれた娘。その瞬間全身から涙が溢れ出てきたような、満ちたりた幸せ感、達成感でいっぱいでした…。ボロボロ泣きながら「はぁ〜!良かった〜!」と何度も何度も言ってました。こんな感動を味あわせてもらって、本当に幸せ者だと思いました。長男の時はパニックでソフロロジーがすっとんでしまったのですが、今回は絶叫することもなく、呼吸法と赤ちゃんに会える前向きな気持ちで、出産でき、キズもなく産後の体調も良好で、ソフロロジーってほんとにすごいなぁと実感しています。

長男も含め3月生まれが7人いるので、「私も3月がイイ〜!」と選んで生まれてきたのかな、とも思ったり。お兄ちゃんも妹が嬉しくて嬉しくて仕方ない様子。ホントに愛おしい。み〜んなが楽しみに待っていました。我が家に来てくれて、ありがとう!!!

20170522193047_00001入院中は晴れの日が多く、窓から見えるびわこもキラキラしてとてもキレイで、先生がくださった花束と一緒に眺めているだけで癒やされ、ぜいたくな時間をすごせました…

毎回の検診から、今日の退院まで、佐藤先生、スタッフの方々、直接的には関われていないスタッフの方々、ほんとうに沢山の方にお世話になり、お陰様で貴重なマタニティーライフ、出産、入院生活を満喫させてもらえました。感謝でいっぱいです。

ありがとうの気持ちで、これから子どもたちと一緒に私も母親として成長していきたいです。

これから出産される方々も、しあわせな出産をしてもらえますように。

自分のちからで会いに来てくれた愛しい我が子!

20170428164929_000022017年2月14日の朝、陣痛が始まり4分間隔となったので入院。しかしその後2分間隔になったり10分間隔になったりと進んでは戻ってを繰り返し、途中で破水。それでも子宮口がなかなか開かず、結局促進剤を使っての分娩となりました。
そして、2月16日15:41、ついに赤ちゃんが出てきてくれてほっとしたのですが、直後から先生達の様子がおかしい…。酸素マスクをつけたり吸引したり。赤ちゃんの泣き声もちょっと苦しそう…。羊水をうまく吐き出せず肺に残っていて、1回の呼吸で取り込める酸素の量が少ないから呼吸数が多くなっているとのことでした。赤ちゃんは日赤に搬送されていきました。幸い、半日ほど処置するだけですっかり元気になり、今は普通の生後4日の赤ちゃんといった様子ですが、あの時は本当に身の凍る思いでした。
産後すぐに運ばれたのでほとんど顔も見れず、抱っこもできずで、「もっと上手に産んであげれたら…」とか「もっとちゃんと体動かしたり食事に気をつけてたら…」とか自分をせめたり、正直「帝王切開してくれてれば…」と思っ

20170428164929_00003たりもしましたが、面会に行って赤ちゃんの顔を見て、抱っこもして、おっぱいをあげたりしているうちに、「へとへとになりながらも自分の力で(促進剤は使いましたが…)会いに来てくれたんだな」と感じ、愛しさが込みあげてきました。
まだ一緒に居る時間が短く、育児の大変さを体感できていませんが、入院中のさみしさを全部愛情に変えて、これからがんばっていきたいと思います。
私と赤ちゃんを信じて長時間の陣痛に付き合って下さったこと、赤ちゃんを助けて下さったこと、さみしさをまぎらわすように明るく接して下さったこと、自分を責めてた私に「出てくる時にちょっとしんどかっただけだよ」と声をかけて下さったこと、母乳がやっと出たときに一緒に喜んで下さったこと…感謝の気持ちでいっぱいです。退院診察の際は、先生の優しいお言葉に泣きそうになってしまいすいませんでした。
佐藤先生、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました!!
あと、この日記の皆様の言葉にも元気づけられました。この日記の存在に気付いてよかった!

一緒に乗り切った赤ちゃんへの感謝の気持ち

20170308205356_000012017.1.17 PM2:44 39w1d
元気な女の子を出産しました。

1人目の出産から1年と少し経った頃、2人目の妊娠が発覚。
新しい命を授かった喜びと共に、「また佐藤クリニックに通える♡」という喜びでわくわく♪

毎回楽しみだった妊婦健診もあっという間に終盤に差しかかり、寂しさと近付く出産にドキドキしていた16日、健診で子宮口が指1本分開いているとのこと!
さらに内診で刺激もしてくださり、これはもういつ産まれてもおかしくない!!

そしてその夜、陣痛はやって来ました。
布団の中で「これって陣痛かな…いや違うかも…」陣痛の痛みってこんなもんじゃないし…と思い2時間半。眠っても痛みで目が覚める程。間隔を計るとすでに10分をきっていました。
これはやっぱり陣痛っぽい!と、深夜の仕事から戻ったばかりの旦那とばあばに連絡。
20170308205356_00002それでも確信が持てずさらにもう1時間様子を見てAM5時頃ようやくクリニックにTel。早朝なのに目を覚まし、「ママバイバイ!!」と笑顔の息子に見送られ入院となりました。

AM9時 佐藤先生の診察で「ん〜今日中に産まれ…る…かなぁ、産まれないかも!」とのこと。えーっ。2人目は早いってよく聞くから期待してたのに…。でも1人目は丸2日かかって産まれたし、丸1日くらいかかって当たり前か〜と思い、陣痛を進めるために院内を歩いたり(ナースリーに赤ちゃんを見に行っただけ♡)、部屋でブンバボン(スクワット多めで)を踊ってみたり。と、元気だった午前中。午後になって陣痛は弱まるかと思いきやドンドン増していく痛み。痛い…なんか痛い…
痛い!!イ、イタイ!!イターイ!!!大騒ぎ。
「2人目やから余裕や」と言っていた午前中の私はどこへやら…。こんなに痛いのに子宮口はまだ4㎝!?でもそのまま分娩台の上へ。え!?もういきんでいいの!?1人目出産時とは全然違う流れで痛みもスゴイし大パニック大騒ぎ。助産師さんのやさしい声かけにも「いや!できん!ムリ!わからん!!わかってるけどムリー!」と…助産師さん達、本当にごめんなさい…。

20170308205356_00003そんな中、頑張った赤ちゃん。「もう頭が見えてるよ!」と言われ、痛みでよじれた体を真っ直ぐに気合いで戻し、目を開けて叫ばず思いっきり息を吸って思いっきりいきむと助産師さん&佐藤先生からすかさず「上手!!!!」との声!(笑)よし、もうひと踏ん張り、「ん〜う゛ぁ〜!!!」とすごい声を出して無事出産!!赤ちゃん、本当によく頑張ったね!!赤ちゃんの姿を見た瞬間、落ち着いて産んであげられなかった反省と、一緒に乗り切った赤ちゃんへの感謝の気持ちで思わず涙があふれてきました。

こんなにうるさい出産でも、最後までやさしく温かく支えてくださった助産師さんや佐藤先生。何を言っても笑って許してもらえる安心感に甘えてしまいましたが、そんなやさしい雰囲気の中出産させてもらえたこと、本当に感謝しています。佐藤クリニックのみなさんがいる分娩室があるから、どんなに陣痛が痛くても最後には「いい出産だった」と思えるんだろうなと思います。本当に本当に、ありがとうございました。
20170308205356_00004協力してくれた家族にも感謝。

入院中、上のお兄ちゃんのお世話をしながら毎日のようにクリニックに通ってくれた母。とっても大変だったと思います。おかげで安心して入院生活を送れました。ありがとう!!

そして陣痛中も分娩中も、痛いと騒ぐ私を笑顔で支えずっと励まし側にいてくれた旦那さん。分娩中は痛みに耐えられず腕にしがみつく私にツッコミを入れながら(笑)、苦しみを笑いに変えてくれたり助産師さんと何気ない会話をしつつ私の気をまぎらわせてくれたり。笑顔で温かい分娩室の雰囲気は旦那さんのおかげでもあるのかなと思いました。Thank you!!

産むのは自分だけど、佐藤クリニックのみなさん、家族、陣痛中LINEで励ましてくれた友達、みんなのサポートあっての出産だったなと感じています。本当にありがとう。
産まれたひとつの小さな命、大切にします!!

ようやく会えた我が子

20170125124649_00001子宮口が硬くてなかなか開いてくれず、予定日を7日間超過してしまい、先生にも「このままでは帝王切開になるかも」と言われ不安と焦りしかありませんでした。とりあえずできる限り体を動かして動かして、前日には洗車しました。
その晩、いつもと違うようなお腹の痛みとおりものがたくさん出て、「これはもしかすると陣痛では?」と思い病院に電話。24日am2:00頃病院に行き検査してもらうと、少し破水しているとの事だった。すぐに入院になり、陣痛と子宮口開くのにたえる。初めての痛みで、陣痛がくる度に旦那とお母さんに背中やおしりを押してもらったり、一緒に呼吸をしてくれたり、最後の最後まで、そばで付き添ってくれていました。夜中から24時間の陣痛だったけど、旦那もお母さんも寝たいのを必死にこらえ、一緒に戦ってくれたことに感謝しかないです。
20170125124649_0000212/25日付が変わる頃ようやく子宮口が8〜9㎝開きいよいよ出産!!分娩台にのぼるも、緊張のあまり足がふるえる。旦那とお母さんに立ちあってもらったおかげで、手を握ってもらったり「大丈夫、大丈夫」と声をかけてもらい少しずつ緊張もほぐしてくれました。
いよいよ出産!!陣痛の波に合わせて思いっきりいきむがなかなか出てこない。次第に陣痛が3分間隔に弱まってしまい、先生の手を借り、お腹を思いっきり押してもらう。最後の最後に力をふりしぼりいきむ!!「赤ちゃん出てきたよ」と大きな元気一杯に産声を上げて女の子が産まれてきてくれました❀感動のあまり旦那が「よく頑張った!」と涙をながしてくれました。ようやく会えた我が子。これから始まる新しい生活に楽しみと期待を持ちながら一生懸命頑張っていきます。佐藤クリニックでお世話になった先生、スタッフの方々本当にお世話になりありがとうございました。

2016年11月9日AM9:40次男出産(^^)

20170112164737_00001朝方5:30頃、破水?尿もれ?な違和感で目が覚めました。長男のときも高位破水からだったので、同じような感覚ではあったものの、確信もなく、とりあえず8:30〜の診療開始時刻まで様子をみて、病院へ行こうかなーとかまえていました。
2週間程前から、前駆陣痛があったので、腹痛があるのは当たり前〜みたいな意識になっていたので、6:30頃から少しいつもより痛めやなーくらいの腹痛でも、出勤前の主人に「前駆がいつもよりきつめやわ〜」くらいに話していました。長男も7:00頃起きてきたので(←長男1歳8ヶ月)腹痛に耐えながら主人を送り出し、長男の朝食・お着替えと念の為入院グッズの最終チェックを進めていくも、どんどんきつくなる腹痛…でも本陣痛ってもっと間隔あいてはじまるはずやんな…?もうすでに2〜3分間隔なんやけど…?と、考えているうちに、波がくる度動けなくなる程に…。よくわかって長男は、そんな私の様子をみてニヤニヤしたり、早くあそびに行こうとばかりに手を引っぱって玄関へ行ったり…(笑)
20170112164737_00002腹痛がきつくなる前に「破水したかもやから一応受診しようと思うし早めに来てほしい〜」と連絡しておいた母の到着を、長男の世話をしながら必死で待つ…。
とにかくこの子と2人の間は、何かあってはいけない!
とにかく耐えなければ!と必死!
8:30頃母が来てくれ、”早く!早く!病院”と念じながら車の中でも波がくる度耐え続けました。(病院まで10分程度なのに、その時はすごく長く感じた(笑))
病院に着いて助産師さんに内診してもらうと子宮口すでに8㎝!!分娩着に着替えるのもきつい…寒いからとストッキングにくつ下、万全な寒さ対策をしてきた自分をめちゃくちゃ後悔しました…(笑)
すぐにハピィルームへ移動!!陣痛の波の間に助産師さんたちと「ご主人間に合うかなぁ?」と話ししているうちに子宮口全開!!!あまりの展開の速さに自分もついて行けず!(笑)
長男出産の時は18時間かかっていた為、最後は陣痛の間にウトウトしたり、意識もうろうとしていましたが、今回はあまりのスピーディーさに意識もばっちり!痛みもぐいぐいわかる!でも陣痛の合間には「ふむふむ、これが俗に言う”イキみたい”ってやつか!」と考える余裕っぷり!(笑)
20170112164737_00003助産師さんたちには「多分旦那さん間に合わないね〜」と言われ、「あ〜間にあわんか〜残念」という思いと、「いい、いい!間に合わなくていいから早く痛みから解放されたい!と内心思っていました。
どんどん赤ちゃんが下りてくる感覚がわかって、「あー!もう出る!頭がおまたに挟まってるー!」というときに佐藤先生、そして旦那登場!!!その直後ドゥルンと次男誕生!!
思わず旦那に「おそいわー!一番しんどいときに居んのやから(笑)」と言っていましたが、ギリギリでも間に合って良かったです♡
タイミングを見計らったかのように出てきてくれた次男にも感謝!
おばあちゃんとお利口さんに下のホールであそんで待っていてくれた長男にもありがとう♡
ずっと「上手上手!!長〜く息はいてー」ってほめながらはげまして下さった助産師さんや看護師さんたち、本当に感謝しています!ほめられると俄然頑張れる私にとって、みなさま本当に神のようでした。そして優しい笑顔で登場し”もうすぐですね〜頑張りましょう”と声を掛けてくれた佐藤先生。
先生の笑顔には健診のときから毎回ホッとさせていただいてました。病院のトップにおられる先生がそのようなお人柄だから、クリニックのスタッフのみなさんも優しくて親切なんだろな、って本当に思います。
20170112164737_00004明日はとうとう退院。毎日おいしい食事を作って下さった厨房の方々、きれいに部屋を清掃して下さったり、至れにつくせりのサービスをして下さったルームアテンダントのみなさまにも、とっても感謝です。
経産婦にも関わらず、ちょっとしたことですぐ質問しまくってても優しく対応して下さった助産師さん看護師さんたち。
快適すぎる入院生活が終わっちゃうのはさみしいけど明日から、男の子2人の母ちゃん頑張ります。
本当にありがとうございました!

2016.10.13(木)元気な男の子を出産しました!!!

20161208161935_000012016.10.13(木) 15:08
2468gの元気な男の子を出産しました!!
2度目の出産で陣痛の流れを思い出しながら
余裕で居たらまさかの逆子!!!えっ?私が!!?驚きました。
診察のたびにまだ直ってないなーと段々焦りましたが
毎朝起きてすぐ赤ちゃんの頭の位置を触ってため息ばかり。
今思えば帝王切開・自然分娩にこだわらずもっと赤ちゃんに楽しい言葉をかけてあげればと後悔です・・・
結局手術の予定が決まり先生からの説明を受け納得できたので腹をくくりました!!手術台に乗るまで実感がわかずのん気にしていましたが、急に怖くなり最後に主人と母の顔を見て「がんばれ!!」と言われた時、不安がこみ上げ涙をぐっとこらえました。
いざ手術!!看護師さん助産師さん先生の優しく丁寧な言葉に安心して赤ちゃんをお任せしようと思え頑張る事ができました。
1人目の自然分娩より、うぶ声を聞いた時の感動はすごかったです。
きっと不安がすごかったせいだと思います。
横で体をふいてもらっている我が子を見てとにかく可愛いー!!!とホッとできました。
20161208161935_00002後の処置に1時間程かかり、少し傷口も痛くなってきてまた不安な気持ちで、持ち込んだCDを聴いていても全く耳に入ってきませんでした。
手術が終わって一番思った事は痛みなくして赤ちゃんは産まれない。
不安なくして赤ちゃんは産まれない・・・しかし、その痛みのおかげで色々な愛を実感できる♡
出産ってすばらしい♡♡
「なぜ女だけこんな辛い思いしなあかんのー」って考えていた私ですが、こんな幸せは女しか体験できないですもんね☆
今本当に幸せです♡♡
佐藤クリニックさんで出産できてよかったです。おそらく3人目はないのでもうこの体験ができないのが少しさみしいですが・・・一生忘れません♡
本当にありがとうございました♡
そして、私たち家族の所に産まれてきてくれて本当にありがとう♡♡♡
私たちの宝物です☆
そして、当日の朝寄せ書きのお手紙をくれた甥っ子・姪っ子・お姉ちゃん・じいじ・ばあば本当に心の支えになりました。
ずっと付き添ってけれた旦那さん、おりこうさんで待ってくれたお兄ちゃんありがとう♡「母」頑張ります!!!

幸せなマタニティーライフ

20161111130503_000012016.9.21(水)21時56分 男の子 誕生

初産でした。
初めての妊娠、とても幸せなマタニティーライフを楽しませて頂きました。
つわりもなし。頭も下向きで平準並みの成長をしてくれていた赤ちゃん。私の体重が+11㎏になった事以外は何も不安のない妊娠生活を過ごすことができました。
職場でも、産前休暇になるまでギリギリまで仕事も楽しめ、本当に理解のある主人と元気に育ってくれた赤ちゃんと、里帰りをして出産する私をサポートしてくれた両親や妹。たくさんのアドバイスや声がけをして下さった主人のご両親。ベビー用品を譲って下さった義姉さんご夫婦や先輩方。
とにかくサポートして下さったたくさんの周りの方々に感謝しかありません。
ありがとうございます!!これからも、よろしくお願いします。

20161111130503_00002もともと、9月24日が予定日だった私。破水をした9月20日の昼間は、まさか!?
予定より早まる事も知らず、のん気にお菓子作りをし、翌日に食べるのを楽しみにしていました(笑)
その夜、主人に「おやすみ」とLINEでメッセージを送った直後に破水!!少しびっくりしましたが、佐藤クリニックに電話をし直ぐ病院へ。
ここまでは、この後の陣痛〜出産までがあんなに大変だとは思いもしてませんでした。
楽しいマタニティーライフ、少しびっくりしていよいよだ♪と嬉しく思えた破水。あの陣痛から分娩まで、まぁ周りは大変だったと思います。
陣痛が来はじめ、最初は良かったのですが、痛みが増すと、痛くて「押して〜」「さすってー」と母や主人に大声でうったえ、気分が悪くなり嘔吐するは、過呼吸になるは、震えが止まらなくなるは…最初は「りきみたい〜」と叫んでいました(笑)

20161111130503_00003立ち会ってくれた主人、付き添ってくれた母、そして、佐藤クリニック スタッフの皆さま本当にありがとうございました!!
そして頑張って産まれて来てくれた赤ちゃん!元気に生まれて来てくれて、ありがとう♡
痛みを忘れる…とまではいきませんでしたが、嬉しくて「あーよかったー」という気持ちで満たされました。
これから始まる子育て、正直分からない事ばかりです。教えてもらっても、上手にできず、もどかしくもあります。でも、赤ちゃんと上手にできた時は、すごく嬉しく幸せな気持ちでいっぱいになります。
上手にできなくても、色々な周りの人に助けてもらいながら、少しずつできるようになっていきます。
一緒にがんばろうね赤ちゃん♡おつきあいよろしくね♡
20161111130503_00004そして、お母さん、人生の先輩として、ママの先輩としてサポートこれからもよろしくお願いします!
そして、いつも支えてくれる主人。これからも…というか、今まで以上によろしくお願いします。

ありがとうございました。

第1子から丸5年空いての出産〜H28.8.15 第2子長女〜

20161025163055_00001H28年8.15 5:57 体重3470g 身長51.2㎝ 分娩3時間 第2子 長女

第1子から丸5年空いての出産でした。3年間の不妊治療。何度も通院し、や〜〜〜っと授かった赤ちゃん!!検査薬した時は、やった!という言葉しかなく、また佐藤先生の所に通えると楽しみでうれしい気持ちでいっぱいでした。(不妊治療はあちこち通っていたので…)
先生はどんなに忙しくても、いつもやさし〜やわらかい笑顔でむかえてくださり、佐藤クリニックに通うことが毎回楽しみで、上の子が夏休みに入り、10カ月入ったあたりから毎日連れていくことになりましたが、スタッフの方皆さんあたたかく「赤ちゃん楽しみだねー」と子供に声をかけ、検診中は相手していてくださっていました。あずけられなかったので、とても助かりありがたかったです。
いざ陣痛がはじまると、ゆっくり息を吐いてリラックスしてお産を楽しむぞ!!とイメージトレーニングしていたはずだったのに、全てなかったことに…(笑)

20161025163055_00002痛みがくるたびに「こわい!」「痛い」「どうしよう」と泣きごとばかり連発し,パニックに!!
そんな私に何度も呼吸法を指導してくださったり、最後の方には「何をしても痛いのは痛いよ。 ゆっくりはこ!!」としっかり私を見て言われた時は、ハッとわれに返った瞬間でした(笑)
大きな声を出してすみません⇩
名古屋から実習生の方2人入ってくださり、お産手伝ってくださりありがとうございました。
途中からだんなの手より、実習生さんの腕を必死につかんでいました。痛かったことと思います。ごめんなさい。
2人目でお産が早く進み、もう「あと○○分で全開」「あ、あと○○分くらいで破水かな」など、もうお産の進みが手にとるように見えるベテラン助産師さんで!!かっこいいルックスにほれぼれしました!
本当に皆さんありがとうございます。出てきた時もう何とも言えない幸せな気持ちです。お兄ちゃんの頼りがいのある姿をはじめて見れて成長を感じられ、本当 本当幸せです♡ありがとうございます。
20161025163055_00003お兄ちゃんが入院中に「ぼくもおしりから産んだん?ママ泣いてたん?」と言ってきました。
「そうだよ。うれしかったから泣いたよ。痛くて痛くてさけんだよ。でも、うれしかったんだよ。」と伝えることができました。
5才なりに理解した様でハニカンでいました。
それに「○○が1番すき!」とだきしめると「ちがう!妹も1番やろ!!」と怒りました。
何でも1番でないと気がすまない彼をそこまで思わせたことはすごいですね!!!
お産はすごいです!!
私がさけんでいたことは、あとで聞いたらとても怖かったと言っていましたが、その時は何も言わず、私と赤ちゃんを見ていた様です。
5才の男の子を分娩室に入れることに色々言われましたが、私は見せてよかったとおもいます。
あらためて、あなたを大切だよと伝えられた気がします。

満月に…そしてカサブランカが咲く頃に☆次男誕生☆

20160826205450_000012016.7.21 AM0:45 第2子 2930g 次男誕生
予定日よりも3日程早かったけれど
「満月の日かな(長男は新月の日に生まれたので)」
「家のカサブランカが全部咲く頃かな」なんて家族と話していたら、まさにその2つが重なった日ピッタリに産まれてきてくれました♡
でも思ってた通りだったのは日にちだけで…。

「2人目はお産進むの早いよ〜♪」「産道できてるからするっと出てくるよ。」なんて色んな人から言われて、そうなんだ♡と信じていたのですが、陣痛が2〜3分おきになり、子宮口が8㎝になって、pm8:30分頃ハピィルームに移動したとたん、10〜15分おきに遠のく陣痛…分娩台から一度おりて点滴を転がしながら廊下をウロウロ、陣痛がきたタイミングでヨロヨロとスクワット(-_-;)
「20日にはうまれるだろう」と待合に集合した両親、義父母、主人、長男を横目に「日付がかわっちゃったらどうしよう…」と内心焦っていました。(結局変わっちゃいましたが)
なんとか子宮口全開するも相変わらず陣痛の間隔は縮まらず…
「pm9:30には・・・」「10:00には・・・」「11:00には産まれるかな」とどんどんのびていく出産予想時刻を聞きながら、「2人目は楽って聞いてたのに全然違うやーん!!」と心の中で叫んでいました(笑)
佐藤先生が来て下さった時は「あぁ♡もう産まれるんや!」と思ったのですが(長男の時は先生が登場してすぐ産まれたので)それでもなお出ては戻りを繰り返す次男と縮まらない陣痛。
1人目の時にはしなかった酸素マスクまでつけてもらい
20160826205450_00002「一体どうなるんだろう・・・」とぼんやりした頭で考えていると・・・
「引きましょう」と佐藤先生。
一瞬意味がわからなかったのですが、あの「スッポン」みたいな器具を見て吸引分娩になるんだと思いました。
しかし!!吸引分娩について全くの無知だった私。
あのスッポンを中に入れるなんて思ってもいなくて(ちょっと考えたらわかる事なんですが)
「いやーっ無理無理もうだめ、やめてやめて、痛いーっ、おしりーっ!!!」
と大絶叫&大暴れしてしまいました・・・(T-T)恥
でも私がギャーギャー言っている間に素早く処置をして下さった先生、助産師さん、看護師さん、学生さんたちのおかげで次の瞬間には元気な産声が・・・(*^O^*)♡♡
後から聞いてみると、首にへその緒を巻いてしまっていたり、ちょっと体が横向きになってしまっていたりでなかなか出てくることができなかった様子。

20160826205450_000031番しんどくて苦しい思いをしていたのはこの子だったんだと知り、それでも産まれた時には外で待っててくれているおじいちゃん、おばあちゃんにも聞こえる位大きな声で泣いてくれた事に本当に感謝②です(T-T)

1人目の時よりもはるかに大変な出産となりましたが母子共に元気でいられるのも、今こうして幸せな時間が過ごせているのも適切な判断、処置をして下さった先生方のおかげです。本当に本っっっ当にありがとうございました♡♡♡
ひそかに目標にしていた「経産婦だから落ち着いて静かに産む☆」という事は全くできませんでしたが(笑)新しく仲間入りした家族とみんなで仲良く♡明るく♡楽しく♡やっていきたいなと思っています(*^_^*)                              そして子どもは3人欲しいな…と話しているので、いつかまた授かれた時にはぜひぜひお世話になりたいです♡                           何度言っても足りないくらいですが…佐藤クリニックのスタッフの皆さま心からありがとうございました♡

20160917133729_00001

【妊娠中大変だったこと】
*1人目の時にはほとんどなかった悪阻。
お出汁のニオイやごはんの炊けるニオイがだめで、でもお腹空くともっと気持ち悪くて…。アイスクリーム、チョコ、ポテト…妊婦に悪そうなものばかり食べていました。(そして体重増。その後たんぽぽ茶でのりきる)
*1人目同様、安静指示が出ました(゜o゜;
出産前に上の子とたくさん遊ぼうと動きすぎた?!家族に助けられました(; 😉
【出産後しんどかったこと】
*貧血になってお薬もらいました。出産当日はフラフラでした(⌒-⌒; )
*腕の筋肉痛!分娩でいきむ際、ハンドル引きすぎました(笑
*2日目からおっぱいが石のようにカチカチに張って辛い。
【妊娠中がんばったこと】
*臨月から雑巾がけとスクワットしてました★(気が向いた時(笑)
*妊娠希望した時から葉酸サプリメントのみはじめました♫
今回は切れることなく、2日目からミルク足さずです!張りが痛いけど!
【出産後うれしかったこと】
*長男が想像以上に可愛がってくれてます♥仲良し兄弟になるといいな♥
*何より家族が増えたこと♥♥♥みんなが喜んでくれて嬉しい、幸せ♥
*2年ぶりの赤ちゃんが可愛すぎる♥
*クリニックでの入院生活。入院というよりリゾート?!(笑
などなど書き切れない位たくさん!!!