2017.8.16 am6:48 女の子を出産しました♥

2017.8.16(水)AM6:48 女の子を出産しました♡ 48.0㎝★2970g

20180416105546_00001

一人目の男の子を出産したときも佐藤クリニックにお世話になりました。今回の出産も、出産〜入院生活まで佐藤クリニックの皆様のおかげで快適に過ごすことができました(^^)陣痛の痛みを思い出すと、もう三人目は考えられませんが、もしまた出産することがあればこちらでお世話になりたいです。スタッフの皆様も先生も良い方々ばかりで、毎回退院するのが嫌になります(笑)

最後になりましたが、素敵な入院生活を送らせていただき、本当にありがとうございました(^^)

2017年7月31日AM1:32 2,772gの元気な男の子を出産しました!

2017年7月31日AM1:32 2,772gの元気な男の子を出産しました!

20180129201700_00001元からの生理不順で子供を授かる事が出来るのか心配でした。結婚後、すぐに佐藤クリニックに通い、治療を始め、毎日注射に通い、やっと授かった我が子。名前は「はる」を入れたかったので、豆つぶくらいの時からずっと「はるちゃん」とお腹に話しかけていました。
つわりも軽く、経過も順調で、はるちゃんは良い子やな♡と思っていたら、34週で切迫早産になってしまい、「もう少しだけお腹の中にいてねー」と3週間自宅安静ですごしていました。37週からもう動いて良いよとなり、臨月で気を抜いたらすぐ増える体重にショックを受け、絶対に+10kg以内におさえる!!!と、食事制限、(甘いものや揚げ物封印)ぞうきんがけ、ウォーキング、会談登り降りなど、減量のボクサーか!!!と思う生活をしていました。
予定日4日前も、ウォーキングがてら近所のお祭りに行き、次の日(出産日)も、料理終わったら主人とウォーキングいこうねと言っていました。
20180129201700_00002料理中、なんかお腹が定期的に痛いな?と思い、とりあえず作りおえて食べてたら、甘い物解禁!!!としてたので久々のおやつに感動していたら、3時間後には10分間隔に。「え?佐藤さんに電話してみたほうがいいかな!?ってか、これって本当に陣痛??」とかビビりながら電話したら、5分間隔になったら来てとの事。
そしたら1時間後には5分間隔になり、というか、もうはるちゃんめっちゃ出たがってる!!!なんかいきんだらあかんのに、いきまなやってられん!!!てかなんか少しずつ破水してる!?!と痛みとはるちゃんからのプレッシャーにもがき苦しむ私を、手を組んで見守る主人(笑)
「腰さすってよ!!!!」と喝を入れてると、もう間隔なんて数分しかないんじゃないのかと思うほどに。
とりあえず病院に走り、エレベーターで動けなくなり、あかん・・・もうはるちゃんが止まらへん・・・!!!まじで出る・・・!!!とやっとの思いでベッドに。触診してもらった瞬間、ぱつーん!!と破水し、もう頭すぐそこにある!!との事で分娩台へ。
20180129201700_00003それから20分で、スポーン!!!と産まれて来てくれました。10分間隔になってから2時間半で、超スピード安産!!!はるちゃんはどれだけ良い子なんだ・・・と感心しました。10ヶ月、ずーっと会いたかったはるちゃんにやっと会えて、本当、痛みとか忘れるくらい、感動しました。
あとめっちゃ可愛い。
初産でのスピード出産にキチッと対応して下さり、出産中も、優しく声をかけて下さり、「はるちゃん」と呼びかけて下さり、素敵なスタッフの方々、佐藤先生に、本当に感謝です。
佐藤クリニックに、治療中からお世話になって、本当に良かった。
次の子も絶対ここで産みたいです!!
本当にありがとうございました。

あと、減量中のボクサー生活から解放され、贅沢すぎる食事、おやつに幸せな日々です(笑)
産んだにも関わらず、体重が落ちてなかったらどうしよう・・・

ありがとうございました♡

★2017年6月28日 PM5:21第二子 男の子出産★

20171213134430_00001里帰り出産で、里帰り前最後の検診で通っていたクリニックの先生から、32週の時点で「子宮口がすでに指1本分開いているし、ちょっと早めに里帰りした方がいいかもね〜」と言われて少し心配に…。予定していたよりは少し早めに実家へ帰ってきて、それからはずっと佐藤さんで検診。
やはり子宮口は開いているということで、34週〜36週ごろまで張り止めも服用。+自宅安静。上の子がいるからずーっと安静にしているわけにもいかんかったけど、張り止めのおかげもあってかいつの間にか正産期に突入!・・・したのはいいけど、毎週の検診になっても毎回、「指1本分から変わってないね〜」と。NSTでも張りもほとんどないし、早めに産まれそうだなと思ってた分、なにも変化がなく、逆に心配になってくる(笑)39週の検診でもやはり変化なしで、次の検診の予約を予定日の6月29日に取った。
39週の検診後から、夜になるとちょっと張ってるかな?という感じが出てきたものの、間隔的に続くわけでもなく、その他に何か兆候があるわけでもなくで、この調子やと予定日は超えそうやなーと思いながら過ごす。
20171213134430_0000228日の午前中、産まれる気配はまだなさそうやし、一人で上の子のオムツや食料品などの買い物に行った。お昼を食べて娘と二人で近所をお散歩。疲れたしお昼寝しようと思い横になっていると、張りと軽〜い生理痛のようなチクチクした感じが…。次の瞬間、お腹から「バチッ」という音が聞こえて起き上がると、ジョワっとした感じがあってトイレで確認してみると。明らかに尿もれとは違うし少し血まじり?でこれは破水や!となり、佐藤さんに電話。京都で仕事中の夫にも電話し、すぐ向かってくれることに。この時も痛みはあるものの生理痛レベルやし、車の中でも母と「買い物のときに破水せんくてよかったなー」なんてのんきに会話したぐらい。
佐藤さんに到着したぐらいから痛み強くなってきて、子宮口診てもらうと「4,5㎝やね!かなりやわらかいし、いい陣痛きたら早そうやね!」と言われドキドキ…。早そうってことで。ちょうどハピィルームも空いているから移動してNST。NSTし始めたぐらいから相当痛みが強くなってきて、40分しましょうと言われたけどそんなに耐えられそうにないと思いナースコール。内診してもらうとなんともう全開!!4,5㎝って言われてから30分ちょっとぐらいしか経ってないのにびっくり。急いで分娩の準備して下さって佐藤先生も到着!(診察時間中なのにすみません(泣))
20171213134430_00003助産師さんに「旦那さん待つ?」って聞かれたけど、痛すぎて即「もう待たなくていいです!!」と答える(笑)先生に切開してもらい、必死でフーフー呼吸で頑張り、PM5:21 3,126g 元気な男の子を出産♡すぐに産声もあげてくれて一安心。
二人目は早いとよく聞くけど、破水してから約2時間で出産になり、自分でも本当にびっくりでした。立ち会い予定だった夫は、出産後30分ぐらいしてからの到着になりました(笑)

佐藤先生をはじめ、全てのスタッフの方がいい方達ばかりで、検診から出産、入院中、何もかもハッピーな気持ちでいられました。一人目は別の病院で出産したのですが、一人目も佐藤さんで出産したかったです(>_<)
佐藤先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!!

Happy Birthday My Baby

20171011200359_00001H29.5.31 pm1:54 3546gの女の子♡第2子♡

5/31 pm1:54 我が家に新しい家族が増えました。佐藤CLでの出産は長男の時より2年ぶり!!新生児ってこんなに小さかったかな?と日々長男との違いに驚きながら、のんびりと入院生活を過ごしています。

長男のときはトータル21時間もかかったお産。陣痛に耐えるのが苦しくて涙したり、叫んだりとそれはそれは大変なお産でした。今回もそんなお産を覚悟していた私でしたが、いざ始まってしまえば約7時間くらいのお産で、その内本当に苦しかったのは約1.5時間くらい!!
自分も主人もビックリする程のスピード出産でした。

20171011200359_00002朝、主人を7:00前に送り出し、長男と朝食を食べていた矢先、なんだかシクシクとお腹に痛みが…。
「ん?まさかね〜」なんてのんびり家事をしていると、やっぱり痛い!!間隔も3,4分!!
30分前まで特に何も感じていなかったのに急すぎる展開にびっくり。急いで産院に向かい、主人にも「帰ってきて〜」とTEL。さっき会社についたばっかりの主人も早退してきてくれました(笑)

産院に着いて内診してもらったらすでに子宮口5㎝!!
長男の時は5㎝開くのに10数時間かかっていたのに2人目は本当に早いし、そんなに陣痛も苦しくない(^^)
このままの感じで産めたらラッキ〜♡ってその時は思っていました。

お昼もまあまま食べられて、長男や主人、じいちゃん、ばあちゃんとも会話出来ていた12:00すぎ。(この時産めるのはまだまだ先!と勝手に思い込んでいた私)看護師さんにも「まだそうな感じです」と話してました。
が、その10分後位に少しキツめの陣痛が…。
20171011200359_00003「今回はキツめやな〜」と耐えていたらジャ〜〜〜と大量に破水。なんともう9㎝も子宮口が開いていました。本当にびっくり中のびっくり!!!!
そのまま車いすで分娩室へ行き、全開になるまで耐えることに。

すぐに全開になり、1:00頃からイキみ始めるがうまくコツがつかめなくて、何度も「合ってます?」「わからん!!」と叫んでいました。。。(^^;)長男の時は分娩室に入るまで苦しさのピークだったけど、今回はいざ出てくる!!って時が一番苦しかったです。「痛い〜!!」って叫びまくってたような…(お恥ずかしい)

我が子もそんな母に負けてない位の元気な産声をあげてくれて、産んだ瞬間、今までの苦しみがふっとんじゃいました。

元気に、そして安産で生まれてくれてありがとう。
お父さん、お母さんを2人兄弟の父と母にしてくれてありがとう。
兄ちゃんを兄ちゃんにしてくれてありがとう。
これから家族4人、元気に仲良く過ごそうね(^_^)/

20171011200359_00004最後にはなりましたが、2人のかけがえのない子供たちを安全に産ませて頂き、産後も手厚いケアやおいしい食事などで心を潤して頂いたクリニックの佐藤先生をはじめ、スタッフの方々、本当にありがとうございました。心より感謝しています。

はじめまして 赤ちゃん♡

20170818205625_000022017年4月27日(木)
23時04分、weight2,728g、height44.6cmの小さな女の子を出産しました。

はじめまして あかちゃん♡
頑張って生まれてきてきてくれてありがとう 赤ちゃん♡

2年前の4月29日、第一子となる長女を出産させて頂きました♡2年たったこの度、長女にそーっくりな次女を、長女の誕生日の2日前の27日出産させて頂きました♡

今回のマタニティライフは、つわり2ヶ月、切迫早産の治療を2ヶ月と…なかなか大変でした。
妊娠中はまだ1歳だった娘をみながらつわりを耐え、切迫早産の絶対安静生活では主人や一時保育、親せきの方々に助けてもらい無事臨月までお腹の中で育てることが出来ました。←結局、予定日超過で出産しました♡

20170818205625_00003○出産レポ
4/27、21時すぎに少しお腹?腰が痛くなりはじめ21時30分頃試しに陣痛アプリを起動させました。測ってみると3〜4分間隔…。経産婦+前回も病院着後3時間で生まれていたことから、「10分間隔になったらTELして来てね!」と言われていたことを思い出し、「やっべ〜!!3〜4分になってもてる!でも、そこまで痛くないし前駆陣痛で遠のいちゃう気もするし、もう少ししてからTELする〜」と主人に言うてみるも、主人が一気に焦りはじめる姿を見て、「やっぱりTELするわ」となり病院へ向かうことになりました。←この選択が本当に良かった。。。
病院到着してから内診してもらうと助産師さんが、「え…」とボソっと声がもれ、私が「やっぱりまだ2cmしか開いてないですよね〜」て言うたら、「もう9cmあいてるよ〜そんなに痛そうじゃないのにビックリ!!分娩台移動するよー!急いでー!」と言われ。早足で移動しました。
台にのった途端、佐藤先生到着され、あれよあれよする中クリニック到着後30分で産まれてきてくれました♡

20170818205625_000043人目は考えていないので、今回の出産で佐藤クリニックでの手厚いサービスを受けることはないと思うと寂しいですが、大好きな佐藤先生に娘2人共とりあげて頂いたことが何よりも嬉しく思っています。
助産師さん、看護師さんにも優しく、赤ちゃんに対しても愛情たっぷり接して下さり毎度のことながら感動しています♡
ルームアテンダントのみなさん喋りやすくいやされました!!
入院生活ものこり2日…。たーっぷり満喫して帰ります(^^)

佐藤クリニック大好きです♡
本当にありがとうございました!!

待望の女の子を出産しました

20170513083346_000012017年3月21日 am5:36 待望の女の子を出産しました。上の子は男の子。なのでまた新しい楽しみができて本当にうれしいです。元気に産まれてくれて、私たちのところにきてくれて本当に本当にありがとう。あなたの手助けができるようにがんばるね。これからよろしくね!!!

お兄ちゃんとあなたとの間に、ママは1度命を授かって失う経験をしました。といっても10週の頃だったので仕方のないことだったんだろうけど・・・。望んでいた妊娠だったのでとても悲しかったです。でも後になって思えば急ぎすぎていたのかもしれません。それを教えてくれたのかな、と思っています。そしてこの経験があったからこそ、今あなたとこうしてここにいるんだね。産まれてきてくれたあなたをみて、改めてキセキと幸せを感じてるよ。

20170513083346_00002もうひとつかみしめたのは、上の子のこと。今回、いつ なんどき どんなことで始まるか分からない出産を考えたときに、人手の多い実家の方が何かといいだろうと思い、里帰り出産を選びました。普段は神奈川に住んでいて、まわりに頼れる家族はいないので迷いはありませんでした。でも、甘かった。いつも一緒にいるママもパパも入院が始まると一気にいなくなって、たくさんたくさん泣かせてしまいました。一時保育もすぐ慣れると思ったのに毎朝行くときに大泣き。子供の心の敏感さを甘くみていました。2歳半でいろんなことを理解して言葉にできる時期だからそ、お互い一生懸命伝えあって、大好きなこと、会いたいこと、もうすぐ帰ることなどを共有しました。この5日で1ヶ月分くらい泣かせてしまったと思うけど、その分退院してから妹がいる幸せも含めて、たくさん笑顔になってほしいと思います。

20170513083346_00003最後になりましたが、2人目も佐藤さんで産むことができて幸せでした!!!他で産んだり入院するのが不安なくらい快適で、スタッフさんもみんな親切でした。

これからもたくさんの命がここで産まれるんですね。本当にすてきなお仕事だと思います。

大変なこともたくさんあると思いますが、これからもお産の佐藤さんでいて下さい!!!

ありがとうございました。

 

赤ちゃんに会える前向きな気持ち

20170522193016_000012017年3月31日(金)AM 2:38  2682g 女の子出産

7歳の長男も佐藤さんでお世話になり、待ちに待った第二子も、また佐藤さんで無事出産させて頂けてとても嬉しく思っています。そして7年前の3月長男の時に書いた日記がこのノートでした!!兄妹で同じノートにつづれるなんてすごいなぁと感動しています…

まだ一週間後も検診予定だったので、この日(3/30)も普段通りで、長男と散歩したり卓球したりしてました。昼食後、極少量の出血があり、不規則にお腹の痛みが来るようになり、18時から10分間隔になり、電話してクリニックへ。日が変わって、0時過ぎから陣痛がレベルアップし、子宮口8〜9㎝の時のいきみのがしはやっぱりツラかったけど、痛みがくる度、「赤ちゃんが頑張ってくれてる!もうすぐ会える!」と思え、立ち会ってくれている母が手を握って声かけつづけてくれて、助産師さんが温かく声かけ、サポートして下さって、乗り切れた事を今も鮮明に覚えてます。先生も来て下さりいきみ0Kになった時、もうかなり体力の限界でクラクラしてきてましたが、先生方、母のかけ声をもらって必死でいきむ中、私自身もいつの間にか赤ちゃんに対して「がんばれ〜!がんばれ〜!」と声をかけていました(笑)

20170522193035_00001そして無事、元気に生まれてきてくれた娘。その瞬間全身から涙が溢れ出てきたような、満ちたりた幸せ感、達成感でいっぱいでした…。ボロボロ泣きながら「はぁ〜!良かった〜!」と何度も何度も言ってました。こんな感動を味あわせてもらって、本当に幸せ者だと思いました。長男の時はパニックでソフロロジーがすっとんでしまったのですが、今回は絶叫することもなく、呼吸法と赤ちゃんに会える前向きな気持ちで、出産でき、キズもなく産後の体調も良好で、ソフロロジーってほんとにすごいなぁと実感しています。

長男も含め3月生まれが7人いるので、「私も3月がイイ〜!」と選んで生まれてきたのかな、とも思ったり。お兄ちゃんも妹が嬉しくて嬉しくて仕方ない様子。ホントに愛おしい。み〜んなが楽しみに待っていました。我が家に来てくれて、ありがとう!!!

20170522193047_00001入院中は晴れの日が多く、窓から見えるびわこもキラキラしてとてもキレイで、先生がくださった花束と一緒に眺めているだけで癒やされ、ぜいたくな時間をすごせました…

毎回の検診から、今日の退院まで、佐藤先生、スタッフの方々、直接的には関われていないスタッフの方々、ほんとうに沢山の方にお世話になり、お陰様で貴重なマタニティーライフ、出産、入院生活を満喫させてもらえました。感謝でいっぱいです。

ありがとうの気持ちで、これから子どもたちと一緒に私も母親として成長していきたいです。

これから出産される方々も、しあわせな出産をしてもらえますように。

自分のちからで会いに来てくれた愛しい我が子!

20170428164929_000022017年2月14日の朝、陣痛が始まり4分間隔となったので入院。しかしその後2分間隔になったり10分間隔になったりと進んでは戻ってを繰り返し、途中で破水。それでも子宮口がなかなか開かず、結局促進剤を使っての分娩となりました。
そして、2月16日15:41、ついに赤ちゃんが出てきてくれてほっとしたのですが、直後から先生達の様子がおかしい…。酸素マスクをつけたり吸引したり。赤ちゃんの泣き声もちょっと苦しそう…。羊水をうまく吐き出せず肺に残っていて、1回の呼吸で取り込める酸素の量が少ないから呼吸数が多くなっているとのことでした。赤ちゃんは日赤に搬送されていきました。幸い、半日ほど処置するだけですっかり元気になり、今は普通の生後4日の赤ちゃんといった様子ですが、あの時は本当に身の凍る思いでした。
産後すぐに運ばれたのでほとんど顔も見れず、抱っこもできずで、「もっと上手に産んであげれたら…」とか「もっとちゃんと体動かしたり食事に気をつけてたら…」とか自分をせめたり、正直「帝王切開してくれてれば…」と思っ

20170428164929_00003たりもしましたが、面会に行って赤ちゃんの顔を見て、抱っこもして、おっぱいをあげたりしているうちに、「へとへとになりながらも自分の力で(促進剤は使いましたが…)会いに来てくれたんだな」と感じ、愛しさが込みあげてきました。
まだ一緒に居る時間が短く、育児の大変さを体感できていませんが、入院中のさみしさを全部愛情に変えて、これからがんばっていきたいと思います。
私と赤ちゃんを信じて長時間の陣痛に付き合って下さったこと、赤ちゃんを助けて下さったこと、さみしさをまぎらわすように明るく接して下さったこと、自分を責めてた私に「出てくる時にちょっとしんどかっただけだよ」と声をかけて下さったこと、母乳がやっと出たときに一緒に喜んで下さったこと…感謝の気持ちでいっぱいです。退院診察の際は、先生の優しいお言葉に泣きそうになってしまいすいませんでした。
佐藤先生、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました!!
あと、この日記の皆様の言葉にも元気づけられました。この日記の存在に気付いてよかった!

一緒に乗り切った赤ちゃんへの感謝の気持ち

20170308205356_000012017.1.17 PM2:44 39w1d
元気な女の子を出産しました。

1人目の出産から1年と少し経った頃、2人目の妊娠が発覚。
新しい命を授かった喜びと共に、「また佐藤クリニックに通える♡」という喜びでわくわく♪

毎回楽しみだった妊婦健診もあっという間に終盤に差しかかり、寂しさと近付く出産にドキドキしていた16日、健診で子宮口が指1本分開いているとのこと!
さらに内診で刺激もしてくださり、これはもういつ産まれてもおかしくない!!

そしてその夜、陣痛はやって来ました。
布団の中で「これって陣痛かな…いや違うかも…」陣痛の痛みってこんなもんじゃないし…と思い2時間半。眠っても痛みで目が覚める程。間隔を計るとすでに10分をきっていました。
これはやっぱり陣痛っぽい!と、深夜の仕事から戻ったばかりの旦那とばあばに連絡。
20170308205356_00002それでも確信が持てずさらにもう1時間様子を見てAM5時頃ようやくクリニックにTel。早朝なのに目を覚まし、「ママバイバイ!!」と笑顔の息子に見送られ入院となりました。

AM9時 佐藤先生の診察で「ん〜今日中に産まれ…る…かなぁ、産まれないかも!」とのこと。えーっ。2人目は早いってよく聞くから期待してたのに…。でも1人目は丸2日かかって産まれたし、丸1日くらいかかって当たり前か〜と思い、陣痛を進めるために院内を歩いたり(ナースリーに赤ちゃんを見に行っただけ♡)、部屋でブンバボン(スクワット多めで)を踊ってみたり。と、元気だった午前中。午後になって陣痛は弱まるかと思いきやドンドン増していく痛み。痛い…なんか痛い…
痛い!!イ、イタイ!!イターイ!!!大騒ぎ。
「2人目やから余裕や」と言っていた午前中の私はどこへやら…。こんなに痛いのに子宮口はまだ4㎝!?でもそのまま分娩台の上へ。え!?もういきんでいいの!?1人目出産時とは全然違う流れで痛みもスゴイし大パニック大騒ぎ。助産師さんのやさしい声かけにも「いや!できん!ムリ!わからん!!わかってるけどムリー!」と…助産師さん達、本当にごめんなさい…。

20170308205356_00003そんな中、頑張った赤ちゃん。「もう頭が見えてるよ!」と言われ、痛みでよじれた体を真っ直ぐに気合いで戻し、目を開けて叫ばず思いっきり息を吸って思いっきりいきむと助産師さん&佐藤先生からすかさず「上手!!!!」との声!(笑)よし、もうひと踏ん張り、「ん〜う゛ぁ〜!!!」とすごい声を出して無事出産!!赤ちゃん、本当によく頑張ったね!!赤ちゃんの姿を見た瞬間、落ち着いて産んであげられなかった反省と、一緒に乗り切った赤ちゃんへの感謝の気持ちで思わず涙があふれてきました。

こんなにうるさい出産でも、最後までやさしく温かく支えてくださった助産師さんや佐藤先生。何を言っても笑って許してもらえる安心感に甘えてしまいましたが、そんなやさしい雰囲気の中出産させてもらえたこと、本当に感謝しています。佐藤クリニックのみなさんがいる分娩室があるから、どんなに陣痛が痛くても最後には「いい出産だった」と思えるんだろうなと思います。本当に本当に、ありがとうございました。
20170308205356_00004協力してくれた家族にも感謝。

入院中、上のお兄ちゃんのお世話をしながら毎日のようにクリニックに通ってくれた母。とっても大変だったと思います。おかげで安心して入院生活を送れました。ありがとう!!

そして陣痛中も分娩中も、痛いと騒ぐ私を笑顔で支えずっと励まし側にいてくれた旦那さん。分娩中は痛みに耐えられず腕にしがみつく私にツッコミを入れながら(笑)、苦しみを笑いに変えてくれたり助産師さんと何気ない会話をしつつ私の気をまぎらわせてくれたり。笑顔で温かい分娩室の雰囲気は旦那さんのおかげでもあるのかなと思いました。Thank you!!

産むのは自分だけど、佐藤クリニックのみなさん、家族、陣痛中LINEで励ましてくれた友達、みんなのサポートあっての出産だったなと感じています。本当にありがとう。
産まれたひとつの小さな命、大切にします!!

ようやく会えた我が子

20170125124649_00001子宮口が硬くてなかなか開いてくれず、予定日を7日間超過してしまい、先生にも「このままでは帝王切開になるかも」と言われ不安と焦りしかありませんでした。とりあえずできる限り体を動かして動かして、前日には洗車しました。
その晩、いつもと違うようなお腹の痛みとおりものがたくさん出て、「これはもしかすると陣痛では?」と思い病院に電話。24日am2:00頃病院に行き検査してもらうと、少し破水しているとの事だった。すぐに入院になり、陣痛と子宮口開くのにたえる。初めての痛みで、陣痛がくる度に旦那とお母さんに背中やおしりを押してもらったり、一緒に呼吸をしてくれたり、最後の最後まで、そばで付き添ってくれていました。夜中から24時間の陣痛だったけど、旦那もお母さんも寝たいのを必死にこらえ、一緒に戦ってくれたことに感謝しかないです。
20170125124649_0000212/25日付が変わる頃ようやく子宮口が8〜9㎝開きいよいよ出産!!分娩台にのぼるも、緊張のあまり足がふるえる。旦那とお母さんに立ちあってもらったおかげで、手を握ってもらったり「大丈夫、大丈夫」と声をかけてもらい少しずつ緊張もほぐしてくれました。
いよいよ出産!!陣痛の波に合わせて思いっきりいきむがなかなか出てこない。次第に陣痛が3分間隔に弱まってしまい、先生の手を借り、お腹を思いっきり押してもらう。最後の最後に力をふりしぼりいきむ!!「赤ちゃん出てきたよ」と大きな元気一杯に産声を上げて女の子が産まれてきてくれました❀感動のあまり旦那が「よく頑張った!」と涙をながしてくれました。ようやく会えた我が子。これから始まる新しい生活に楽しみと期待を持ちながら一生懸命頑張っていきます。佐藤クリニックでお世話になった先生、スタッフの方々本当にお世話になりありがとうございました。