紫陽花

我が家の庭にある「アナベル」という白い紫陽花が、満開になっています。

今年は梅雨入りが遅く、暑い日差しを受けていますが
、フワッと 丸く咲く白い花は とても涼しげです。

アナベルは 咲き始めた花が薄緑から純白に変化します。表情が変わるのも素敵ですし、育てる手間もあまりかからないのでオススメですよ。

_20190626_080311

 

2階助産師

貴船神社

先日、京都パワースポットである貴船神社を参拝しました。貴船川のせせらぎの音、新緑がしたたる瑞々しい御神氣に溢れ、癒された時間でした。

そして、「水占おみくじ」をしてきました。何も書かれていないおみくじを神社内の御神水の池に浮かべると文字が浮かび上がってくるというおみくじですが、なんと「大吉」でした。

IMG_0576

2階看護師

毎年恒例の

横綱・白鵬関が所属する宮城野部屋の「長浜合宿」が12日から16日まで行われたので見学に行って来ました。
稽古中の張りつめた緊張感、力士の激しくぶつかり合う音や息づかいを間近で感じられ凄い迫力でした。
稽古後は気軽にサインに応じていただけました😀
PhotoGrid_1560915903796
下の写真は
今では人気急上昇⤴️⤴️中の炎鵬関。
2年前はまだざんばら髪姿。また来年が楽しみですde_02_1016.gif
_20190619_164240
外来看護師

栄養補給

この時期暑い日があったり、天気が悪いと朝晩の気温の差があったりで、体調を崩しやすいですよね。まさにうちの子供たちはこの時期体調を崩し食欲不振になります😢
そんな時はなるべく少量で栄養がとれるように、野菜をスープにしたり、果物をジュースにしたり…大変…😅
でも今は美味しく飲みやすい野菜ジュースや豆乳なども多く我が家には必需品となっています😅

20190615_074117

2階看護師

最近夜の散歩に行くようになりました。
お目当ては、ほ・た・るです。
家の近くの小川で毎年たくさんのほたるがみられます。(穴場😉)
かえるのなき声をバックに優雅に舞ってる光景は、暫しいろんなことを忘れさせてくれます。
田舎っていいなぁ🍀
2階看護師

H30.2.7 待望の第二子誕生

20180728134344_00001H30.2.7(水)2時41分 第二子(次女)誕生 〈身長48.6㎝,体重2750g〉

長女の出産から3年、待望の第二子を妊娠しました。前回は最初の健診からこちらの病院にお世話になっていましたが、今回は里帰り後(33週)から通院することになりました。久しぶりの佐藤クリニックでしたが、アットホームで丁寧な対応は前回から変わっておらず、またこちらで出産できることがとても嬉しく楽しみになりました。

長女の時は順調な妊婦生活を送れたのですが、今回は妊娠発覚直後にトキソプラズマの陽性反応が出たり、11〜12月の2カ月は逆子たっだり、年末年始は切迫気味で安静だったりと、様々な不安要素がありました。しかし、なんとか無事臨月を迎えられ、お腹の子は問題なく元気に育ってくれて、あとは陣痛を待つのみ!という状態になりました。

20180728134358_00001予定日から2日後の2月6日未明から10分間隔の陣痛があったものの、朝を迎えると遠のいてしまいました。しかし、夫が休みで立ち会い可能なうちに生まれて欲しいという勝手な思いから、昼間に上の子と体を動かして遊んでいました。すると、21時頃から10分間隔の陣痛が!未明のものと比べ痛みも強くなってきたので病院へ電話をして、夫、娘、母の3人と一緒に23時半頃到着しました。しかし、NSTでは陣痛は10分間隔から変わらず、子宮口もまだ3㎝…入院室で様子をみることになりました。(娘はこの時すでに爆睡、出産は朝とかお昼になるかもと助産師さんと話していました)

1時前に入院室へ移動した後、なんだか陣痛の間隔も短く、いきみたい感じになってきたのでナースコールをして、1時50分頃分娩台へ。診てもらうと陣痛は2分間隔で子宮口も8㎝まで開いていたので急いで出産準備となりました。(私も家族も助産師さんも、みんな驚くスピード展開でした)佐藤先生もすぐ駆けつけて下さり、分娩台へ上がってから40分程度で、夫に立ち会ってもらう中、出産する事ができました!

※寝ていて出産に立ち会えなかった上の子は、妹が生まれたことが嬉しくて仕方ないようで、1人で抱っこやオムツ替えをしたがり、お世話する気満々です(笑)このまま仲の良い姉妹に成長していってくれるのを願うばかりです。

20180728134414_00001出産後は体調は良いものの、母乳過多でパンパンに張ってしまって辛かったのですが、スタッフの皆さんが親身になって対応して下さり、大変嬉しかったですし、助かりました。

佐藤先生には夜中の出産となり大変申し訳なかったのですが、日頃の健診や出産時、優しい先生の笑顔と、優しい話し方のおかげで、とても安心することができました。

また、受付の方の丁寧な対応、お部屋を綺麗にして下さったり、シャンプーやエステのサービス、美味しい食事を提供して下さったスタッフの方々のおかげでとても快適な入院生活を送ることができました。

あまりにも快適すぎて、明日で退院してしまうのが寂しく感じられますが、2人の娘を佐藤クリニックで出産できたことは一生の思い出です!佐藤先生、助産師さん、看護師さん、関わって下さった全てのスタッフの方々に感謝です。本当にありがとうございました!

赤ちゃんの生まれてくる力、自分を信じて

20180607153729_000012018.1.26 PM7:44 3216g 50.4㎝

大粒の雪の降る中、第二子 元気な女の子が産まれてきてくれました!

第一子のお産が2日程かかり、それは辛い思い出で一度は無痛分娩も検討したのですが、前回こちらのクリニックでお世話になり佐藤先生の自然分娩への向き合い方、スタッフのみなさんの強力なサポート、安心感が忘れられずやはりこちらでお世話になることにしました!

予定日1ヶ月前までは正直怖くてしかたなかったのですが、弱気だった私にかつを入れてくれたのは母。お産は病気じゃないから必ず終わりがあるし逃げられるものではない『乗り越えるもんやで!』これでようやく目が覚めた私。

20180607153742_00001そういえば第一子の時は痛みが怖くて緊張しっぱなし、どうにかして逃げたいという気持ちのせいかなかなか陣痛が進みませんでした。

母の言葉で気持ちを切り替え、よしっ赤ちゃんと一緒に頑張って乗り越える!となり出産当日に向けて体力をつけるために食事に気をつけたり、睡眠をたっぷりとったり、体を動かしたり『楽しいお産のイメージ』をするようにしました。

2人目ということもあると思うのですがおかげで病院に着いてから4時間半の安産でした。

20180607153917_00001当日の流れ(予定日超過4日目)→前日からの大雪、こんな日に陣痛きたらおもしろいなと、いつも通りに起きて上の子と甥っ子姪っ子と午前中雪遊び。途中生理痛のような痛みあり。お昼ご飯を食べてほっとしたところ、規則的かな?と思う張りを感じ始める。とりあえず昼寝してみようと思い横になるが10分間隔で痛みがあったので病院に電話し15時過ぎに入院。

入院時の内診ではまだ子宮口が2㎝しか開いておらず明日くらいには産まれるかなぁと長丁場を覚悟してました(ポカリ4本持参)部屋に入り10分おきに陣痛がくるも寝転んでじっとしているより動いていたほうが進むかと思い、合間に長男と遊んでみたり、体勢を色々変えたりアクティブに過ごしてみた所、ちょっと間隔が短くなってきました。長男がまさかのお昼寝をし始めたので、今だと思いシャワーを浴びに行った帰りから、5分ごとの強い陣痛と出血がありナースコール。現れた助産師さんは前回長男をとりあげて頂いた西井さん!お顔を見ただけで安心!『これは絶対上手くいく!』と思いました。そして内診されると子宮口8㎝開いており分娩台に行こうと言われ「えっ!もうですか?!」と思わず聞き直してました。分娩台に着いてからは一時間弱で赤ちゃんが生まれてきてくれました!

20180607153930_00001今回も佐藤クリニックでお産ができて本当によかった!前回長男の時にお世話になった助産師さんと佐藤先生のお顔を見た時の安堵感はハンパなかったですし、スタッフのみなさん変わらずプロフェッショナルでとても快適な入院生活を送っています。

赤ちゃんの生まれてくる力、自分を信じて、そのためにできることをする大切さを学びました。この経験は一生の宝です。

また今回は一緒にいてくれた長男の存在も大きかったです。初産の時に彼が一生懸命道を作ってくれたお陰で今回スムーズだったし分娩にも立ち会ってくれてほんとに心強かったです。

色んな方への感謝の気持ちとそんな方に恵まれた幸せを感じられる楽しいお産でした!本当にありがとうございました♡