ひさびさにお目見え😅

令和になって初めての端午の節句!うちには息子が二人いますが、ここ何年か兜を飾るのが億劫で出せずにいました。久々に兜を見た次男。家の兜はかぶれるタイプなので、かぶってみるとジャストフィット‼数年前はブカブカで怖いと泣いていたのに、心身ともに成長したことを感じられ嬉しく思いました(*^ー^)ノ♪
IMG_20190506_201200
2階看護師

令和が始まりました

長かった10連休。この間に平成から令和へと元号が変わり、新たな時代へスタートしました。テレビでの、まるで年末年始のような盛り上がりように少し違和感を感じなくもなかったですが、それでもこうやってお祝いムードで迎えられることはよかったように思います。
また、天皇制や皇族の方々の生活などに国民が関心を持つきっかけにもなったのではないかと思います。
わたしもその一人なわけで、去年から読み始めた「昭和天皇物語」。

image1

漫画で基礎知識のないものにもわかりやすく描かれています。乃木希典陸軍大将や原敬首相など、名前しか知らなかった人達も登場してきて歴史の勉強にもなります😅
ゆっくりしたペースで単行本が出るので焦らずついていけるのも魅力です。来月の発行が楽しみです😊

外来看護師

出産ストーリー

20180607144938_00001H29.11.4  am5:21  (予定日10.30) 3822g 51.4㎝ 第2子 次男

長男出産より5年月日が経ち、妊婦生活も出産ストーリーも全く違った体験でした。長男は丸2日腰への痛み(食事もとれない程)から入り、全開にしてもらい、3いきみ程でスルッとでたので(3468gでしたが)産む瞬間は前の腰痛に比べたら全然大丈夫と思い、2人目は早いやろと、余裕な気持ちでいました。

予定日も過ぎたしと毎日スクワット、床のぞうきんがけ、階段の昇降運動、お腹ははるけどまだまだ。11月3日、満月綺麗だなぁ。お月様にお願いしよう。「お月様、ひいばあちゃん、ひいじいちゃん、いつ産まれてきても良いので無事に出産出来る様お身守り下さい。力をください☆」。

20180607144957_00001そしてその夜PM10:00頃、5分間隔でお腹もはり生理痛の様な下痢のような腹痛。眠れない。→病院へTEL。そして入院準備をして、長男を預けていざ病院。その前に便をもようしたくなりトイレへ。長男の時は腰が痛く、あっ陣痛来たとわかったけど、今回はお腹の張り+ちょい腹痛。ん?陣痛か?これ。とりあえず病院で内診してもらい、子宮口3㎝。【私】「え〜3㎝、6㎝ぐらいはあいてると思った」【看護師】「どうしましょう。経産婦さんですし、このまま入院します?」【私】「う〜ん、3㎝かぁ。お腹のはりだけやし・・・」【看護師】「とりあえず、40分NST とりましょう」 結果→微妙やし・・・。で、1時間悩み、一応入院。もし朝まで来なかったら一時帰宅しようということに。

20180607145019_00001それから、GBSの点滴が始まり、終わりかけにちょろちょろ、じゃ〜「あっ破水してる、止まらない」その数分後5分間隔の30秒の服激痛。「え、これ陣痛?」と、そこから分娩室へ。でもまだ6㎝。痛みは強くなるし、いきみたいし。「まだ?まだ?だめーだめー」と何回もうるさく言う私に全開にするお手伝いをして頂き、いきみOKが。でもいざいきんでもなかなか下へ降りてこず。いきみが下手な私のせいなのかなぁ。お隣の分娩室で次々と赤ちゃんの声が聞こえてるし。プレッシャーと不安でなかなか上手くいきめず。時間との戦い。ダメだ私。よし産もう!!「ごめんね。赤ちゃん」と叫びつつ「頑張る!!」とやっと「発露です」との声が「よし!ラストスパートだぁ」と思いいきみまくり。佐藤先生には長男同様お腹を押してもらい看護師さんに出してもらうのを手伝って頂き、無事出産。あまりのBig Boyと立派な胎盤で出血多量で、点滴づけで絶対安静との事。(丸一日と半日)看護師さんも驚くほどの回復力で何とか3日目より授乳OKを頂き、我が子との時間を過ごす。

20180607145034_00001本当に出産って1人1人違うんだなぁと実感。長男出産時はもう一人いける!次男出産時はもう無理だ。と思った私。でも・・・やっぱり時間が経つにつれ、出産時の苦しさより、子どもの可愛さ♡で3人目大丈夫と思えるのが不思議。年齢的にも現実はムリでしょうが・・・気持ちくらいはね。

何より休日で長男が寝てる時でパパも皆いる時に産まれて来てくれた親孝行の我が子。家族四人、笑いあり、涙あり楽しい思い出沢山つくっていこうね!私だから神様は二人もBig Boyを授けてくれたんだし。

最後に佐藤クリニックで出産できた事、感謝します。わがままで沢山ご迷惑をかけたのに優しく的確に指導・処置をして頂き、心のこもったケアと、佐藤先生をはじめ、スタッフの皆さんのおかげで充実した出産・入院ライフが送れました。本当にありがとうございました。

もうこんな素晴らしい経験が出来ないのかなぁと思うと少し寂しいですが、人生で2回も経験出来たのでよかったです。長男をとりあげて頂いた看護師さんに今回もお世話になり、奇跡☆運命やと、とても心強かったです。看護学生さん、先生。こんな私の出産でしたが本当にありがとうございました。

20180607145048_00001入院生活4日目。『新生児黄疸』の数値が高く光線療法のため保育器へ。母乳禁止。ミルクのみ。2、3日前から黄疸が濃くなってきたしお乳の吸いも甘く、授乳中すぐに寝てしまうことが多かった、というか毎回。黄疸により疲れやすいらしい。本当に全身真っ黄色で白目もほとんど両目を開いた所を見れてなかった。ネットで調べると悪い結果ばかり目について不安で涙が出てくる。生理的な現象と分かっていてもあまりにも黄色くて全身やし・・・。退院も一緒に出来ない。不安。マイナス思考ばかり。

そんな私をスタッフの皆さんが気にかけてくれて沢山声かけて励ましてくれて「私の子どももそうだったけど大丈夫だよ♡」と実体験をお話し下さり。何とか前向きにプラスに考えることが出来ました。そうだよね。母親の私がしっかりしなちゃね。ベビーだって頑張ってるんだし。もしかしたら「1日お家でゆっくり休んでね」って言ってくれてるのかも。退院してから症状が出たんじゃないし。入院中で本当に良かったと思う。

20180607145103_00001同じ様な経験をして、不安になってしまうお母さんがいるかもしれない。私の今の現在の気持ちを書いて少しスッキリしよう!と思って、長々と乱文になっちゃったけど。明日からもファイト!!一発(笑)

本当にスタッフの皆様に心より感謝しています。高級ホテルのよう、一流やね。五つ星のおもてなしの職場に私も働きたい、そんな職場。スタッフを目指したいと思った入院生活でした。

2017.9.14 37週 第2子長女誕生♡

20180604141222_000012017年9月14日(木)PM1:10                                                                                                   37週0日 第二子   3060g 46.2cm  長女誕生

今回二度目の出産となりました。1人目の出産の後、長男11ヶ月の時に、新しい命を授かりました。妊娠がわかり、うれしい気持ちの反面、少し不安もありました。前回、長男出産の際、妊娠8ヶ月で切迫早産となり、自宅での安静。しかし、その後34週で入院となりました。安静入院のおかげで、37週1日で、無事に元気な男の子を出産できました。

 

その事があったので今回は大丈夫かな?と家族全員で妊娠初期から気をつけようと、私はなるべく動かないように長男も母と主人にみてもらいながらの生活を続けいました。妊娠6ヶ月、まだ切迫早産ではなかったけど、念のためにと薬を服用しながら安静にするようにと、先生からの指示が。しかし、私の不安は的中してしまい、薬の服用だけではお腹の張りをおさえきれず、9月12日32週2日で入院となりました。それからが長い入院生活となりました。入院してすぐの数日間、何度か張りが再発して、点滴の量も増えていきました。抗生剤の点滴、筋肉注射と張りをおさえるために懸命に処置を施してくださいました。

20180604141241_00001最悪の場合は早産、もしくは転院の可能性もあり、不安な毎日を送っていましたが、入院一週間ほどで何とか張りも落ち着いてくれて、あとは無事に37週を迎える事を祈る日々を過ごしました。

36週に入り、ついに点滴の量を減らし、退院に向けての準備に入りました。ようやくこの時を迎えられたと、まだ安心はできない中ですが先が見えた喜びに、本当に感謝の気持ちで一杯になりました。

36週6日、一旦退院する事に決まり、息子と遊び、一緒にお風呂に入り、一緒に寝て以前の当たり前の日々のありがたさを実感しながら一日を過ごしました。

20180604141300_00001安心してすぐの翌朝5時、目が覚めるとお腹の痛みを感じました。退院後わずか一日で陣痛が来ました。家での陣痛の間隔をはかっていると、am7:00頃から急に3分間隔になり、あわててTELし病院へ。その後の内診ですでに子宮口4㎝でびっくり!!すぐに主人にTELし、職場から駆けつけてくれました。「パパが来たから、もう安心しいや!!大丈夫やで!!」と、とても心強い言葉に勇気づけられ、二度目の出産がんばろうと思えました。

今回は、助産師さんの研修生の方が入ってくださる事になり、その方と一緒に陣痛促進にと、館内をウロウロ歩き回り、足湯やつぼ押しをしていただいたり・・・とてもリラックスしながら、徐々に陣痛が進んでいきました。

AM11:30、強い痛みに変わり子宮口8㎝でいよいよ分娩室へ移動。ソフロロジーを思い出しながら痛みと闘い、何度もいきみ、頭が出てきてからが、激痛でした。赤ちゃんの肩がひっかかったようで、なかなか進まず赤ちゃんも苦しい状態になってしまったそうです。

20180604141313_00001何とか無事に、AM1:10元気な女の子の誕生。でも、すぐに泣いてくれませんでした。羊水を飲んでしまったようで、先生が処置をしてくださりようやく我が子の産声が聞けました。

二度目の出産ですが、産声を聞いた時の感動と幸せな気持ちは変わらず、本当に皆様への感謝で一杯です。切迫早産での約1ヶ月の入院生活。辛くて痛くてくじけそうな時もありましたが、支えてくださった看護師さん助産師さん、ルームアテンダントの皆様、そして佐藤先生、一番近くにいてくれた主人・母・息子、本当に感謝しています。ありがとうございました。分娩の際には、助産師さん、そして今回ついてくださった研修生の方、研修生の教官とたくさんの方に見守られはげまされながらの出産、とても幸せでした。

佐藤先生、入院中毎日の診察ありがとうございました。先生のお陰で無事に37週での出産が出来ました。看護師さん、助産師さん、赤ちゃんの心音を聞きながら話しかけてくださったり、点滴の交換、いつも不安な時すぐにかけつけてくださり、ありがとうございました。ルームアテンダントの皆様、週2回のシャンプーいつも楽しみでした。感謝の気持ちを書ききれませんが、幸せな時間を本当にありがとうございました!!

こどもの日

今年は皇位継承となり10連休ですね❗連休最終にさしかかった五月五日の今日はこども日です。
こどもの成長をお祝いする事から今日は皆様、ご馳走を準備されてるのでしょうか?
昔のように大空を泳ぐ鯉のぼりまではなかなか見る機会は減りましたが小さな鯉のぼりを飾り我が家もこども日を過ごしたいと思います。こどもの日(夕食)